記事

【ウクライナ発】「分離主義者は夜動く」 ゲリラ戦で戦略要衝陥れるロシア

画像を見る

ウクライナ軍部隊。戦車数両と機関砲を積んだピックアップトラック(後方)を備えていた。=1日、ボルノボハ村・前線基地 写真:筆者=


 ドネツク州の州都ドネツク市周辺を制圧した親露武装勢力が次に狙うのは、戦略要衝マリウポリだ。

 マリウポリから北へ60キロのボルノボハ村(人口2万3千人)は、ウクライナ軍が前線基地を置く。

 戦争の実相を知るには前線を見ておかねばならない。通訳が同行を拒否したため、筆者は名うてのドライバーと2人で前線まで出かけた。

 村のチェックポイントに着くと、間もなくパトロールを終えたウクライナ軍の部隊が基地に戻って来た。兵士は20人弱。1個小隊か。

 兵士たちは抱き合い、最後には戦車をバックに記念写真を撮った。大戦に勝利したような熱狂だ。

 パトロールを終えたくらいで何故こんなに喜んでいるのか? 部隊の小隊長と見られる兵士に「掃討作戦を行ったのか?」と聞いた。

画像を見る

静かな村だが、ウクライナ軍の車両がひんぱんに行き交っていた。=1日、ボルノボハ村 写真:筆者=

 小隊長は「分離主義者は夜動く。今は別段なにもなかったが、時々、チェックポイントで武器・弾薬が見つかる。気を抜けない」と緊張気味に語った。(※) 

 「分離主義者は夜動く」がすべてを言い表していた。

 ドネツク州はウクライナ系とロシア系の民族比が拮抗する。半分はロシア系だ。日頃は普通の村人が、武器を手に背後から襲ってくる可能性があるのだ。ゲリラ戦である。

 ロシアは多少時間をかけてでもゲリラ戦でマリウポリを陥れるつもりだ。正攻法と比べたら国際的批判は小さい。

 マリウポリは黒海艦隊が基地を置くクリミア半島とこれまた海軍基地のあるオデッサに真っ直ぐつながる。

 ロシアが戦略要衝のマリウポリを放っておくはずがない。

 ◇
(※)
小隊長は筆者のインタビューに英語で答えてくれたが、ロシア語はネイティヴだった。米軍事会社の傭兵ではないようだ。

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「ウクライナ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。