記事

噴出する大阪カジノ利権: 入札情報が事前流出

あー、ついに出ましたね。大阪カジノ利権。以下、NHKからの転載。


市の調査情報流出で調査へ
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20141031/5832831.html

担当課長が、前日15日の夜から、民間企業などに個人の携帯電話を使って、「あすから公募を始める」という内容のメールを流していたということです。これについて、橋下市長は記者団に対し、「流出の情報は、僕のところにまず入ってきた。複合型観光施設は、ある意味、ものすごい利権が絡むことで、神経質にならなければならない」と述べました。


大阪のこの種の開発利権に関しては、橋下氏が府知事時代におこったパラマウント構想の顛末が非常に記憶に新しいですね。当時、大阪府のエキスポランド跡地で構想されていたパラマウント映画をテーマとした遊園地構想を、府知事たる橋下氏がなぜか公的入札が開催される前から強力に推しているという状況が生まれておりまして、実はその構想を主導している会社の社長が橋下氏の強力な後援者であったという事がマスコミにすっぱ抜かれた事で大騒ぎとなりました。

以下、当時の状況を伝えた現代ビジネスの記事から転載。


「危険な政治家」 大阪府知事橋下徹の「正体」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/25049?page=4

現に、経営破綻した大阪・吹田市の「エキスポランド」の跡地に大型娯楽リゾート施設「パラマウント・リゾート大阪」の開発が構想されているが、橋下氏は'09年に開かれた府の部長会議で、「大阪再生の起爆剤になるのは間違いない。いろいろな課題があるが、会社側としっかりとコミュニケーションを取って進めてもらいたい」と指示している。この「会社」は、不動産投資ファンド「燦キャピタルマネージメント」を指しており、同社の前田健司社長は、過去、橋下氏の後援者だったと報じられている。


お国柄というべきでしょうか、どうもあの界隈はこの種の話には必ず様々な「曰く」があるものでして。。以前、別エントリでご紹介した以下のお話なども含めて、常にいろいろ「臭っている」わけであります。


「国内初のカジノは大阪で内定!?」、んなワケないだろ
http://blog.livedoor.jp/takashikiso_casino/archives/8555045.html


ちなみに、私自身も大阪市の担当課長と面識はありますが、当然のように事前にそんな入札情報は受けていません。それら情報を民間側の「誰が」供与されたのか。その背景にどのような構造があるのか。。なんとなく非常によく顔を見知っている人間の名前がマタゾロ出てきそうで非常に嫌な予感はしているのですが、ぜひこれをキッカケにしてカジノ業界に巣食う「膿」を出し切って頂きたいものです。

追記:
産経の方で「担当課長は「公募が不調になるリスクを回避したいと思った」などと釈明」という担当課長のコメントが掲載されていますが、昨今のカジノ関連の各自治体調査入札の実態を見ると、不調などということは有り得ないですよ。特に、世界的に注目が集まっている大阪でそんなことは起こりえないということだけは、国内数少ないカジノ専門調査会社の立場として申し添えておきます。

■関連記事
大阪カジノ利権②:入札情報漏えいに関する担当局説明(全文)

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  4. 4

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  5. 5

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。