記事

派遣法改正案の審議をめぐり与野党の攻防が続く

画像を見る

 労働者派遣法改正案の審議をめぐり、31日は与野党の攻防が終日続いた(写真は、国会での対応について協議する衆院厚生労働委員会の野党各党の理事・委員ら。左から時計回りに、みんな・中島委員、次世代・今村委員、民主・山井理事、維新・浦野理事、共産・高橋委員)

 同日朝の衆院厚生労働委員会の理事会で、与党の公明党が「同改正案の修正案を提出したい」として骨子を提示したことからこの日の与野党攻防に火がついた。野党は「与党から修正案を提出するということは、政府案に欠陥があることを認めたのと同じだ。政府は法案を出し直すべきだ」と主張し、午前9時から開会予定だった衆院厚生労働委員会は、予定時刻を過ぎても開会されず、理事間での協議が続いた。

 山井理事は、「『過ちを改むるにはばかることなかれ』というが、与党から『(改正案には)問題点がある』ということで修正案が出てきたのだから、もう一度法案を出しなおしてもらうのが筋だ。若者や女性といった多くの労働者に直接影響するのだから、与党が責任を持てる法案にしていただいて、それを審議させていただきたい」とコメント。

 その後、公明党から修正案の提出についての発言を撤回したいとの申し出があったが、山井理事は「与党の公明党が事実上『欠陥法案だ』と言ったことは極めて重大な話だ。撤回と言われてもそう簡単になかったことにはできない」とこの申し出を拒絶、この日の委員会は開かれないことになり、週明けの11月4日にあらためて理事懇談会を開いて公明党の見解を聞いたうえで、今後の日程について再協議することになったと報告した。

あわせて読みたい

「労働者派遣法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。