記事

上司が仕事の邪魔をしなければならない理由

 さて先日の記事の最後の方で、畑違いの分野から異動してきた人が部門のトップになったときが云々という話を持ち出しました。日本の職場では珍しくも何ともない当たり前の人事ですけれど、この無関係な領域から異動してきた新たな上司が現場に迷惑をかけるような提案ばかりを繰り返す、そういう場面に遭遇してしまった人は多いと思います。部門の長は内情に精通している人間の中から選んで欲しいところですが、まぁ異動ありきで部署の固定を嫌う日本的人事では、そうもならないのでしょう。

 ……で、他部門から異動してきた上長に限らず元から部署にいたはずの人も含めての話となりますが、己の働きをアピールすべく頓珍漢な業務改善案を連発しては、実際の業務に当たる人の仕事を妨害してくれるわけです。どうしてこうなってしまうのか、仕事がわかっていない人は黙っていれば良いのにと私などは思うのですけれど、なかなか大人しくしてくれないのですから困ります。本当に必要な仕事をこなしつつ、それと平行して上司の接待までする羽目になってはたまったものではありません。

 原因の一つとしては一つ上の段落で触れたような、畑違いの異動ありきで職分を固定しない日本的人事があると言えます。そうなると必然的に、前所属では成果を上げたけれど新たな部署のことには疎い人が定期的に配属されることになるわけで、これがヒラの人事ならともかく部長クラスから上の人事ともなりますと、まぁ下で働く人間にとっては迷惑極まりない結果にしか繋がらないのが実情です。そしてもう一つが、日本の職場はアピールが大切、ということでしょうか。

 黙って着実に仕事をこなしているだけでは、日本の職場で評価されることはありません。人事権を持つ人に認められたいのなら、自分はいかに仕事をしているか、それをアピールすることに労力を費やす必要があります。この辺は別に上も下もなくて、まぁ末端の営業でも「いかに巧みに業務日報を書き上げるか」に苦労させられた人もいるのではないかと思うところです。「上」に対して絶えず己の成果を報告し続けなければならないのが日本で働く人の務め、それは終わりの見えない世界です。

 転職活動なんかでも、前職において何かを「変えた」という実績のアピールが頻繁に文例として紹介されているものですが、まぁ人事権を持つ人が好むのはそういうものなのでしょう。「変えない」ことが最良の選択肢である場合は少なくありません。しかし成果と認められるのは常に「変える」ことの方です。何も変えることなく、従来通りのやり方の継続によってこそ好成績を維持できることもあるわけですが、それでは「何もしていない」と査定されかねないのではないでしょうか。その様な評価を回避するためには、必要がなかろうとも「変えた」という実績を作らなければならないと言えます。

 野球やサッカーで言うならば、「監督が動いたから勝てた」という評価を作ることが、日本の管理職には求められているように思います。監督が余計な動きを見せない方がチームにとっては好ましいケースは多々あるのですけれど、それで勝っても上司は「何もしていない」と評価されてしまうわけです。ヒラ社員が業務日報などであれやこれやと「新たな」成果を盛ることを迫られるのと同様に、時には部門長クラスでも役員層から(そして経営層でも株主から)「どんな仕事をしたか」を問われているはずです。そうである以上は、何かを「変える」しかない、そうでないと仕事をしていないと見なされる、無能な中高年だの働かないオジサンだとの経済誌風に罵倒され、リストラ対象にされかねないですから。日本的人事の元で生き残るためには、仮に現場の業務を妨害しようとも上司は「自分が動いたから上手く行った」と言える材料を作らなければならない――まぁ生産性が低くなるのは致し方ありませんね。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。