記事

<東京ドラマアウォード2014が発表>「半沢直樹」の演出家「ジャイさん」こと福沢克雄の苦悩と挑戦

岩崎未都里[ブロガー]

***

「世界に見せたい日本のドラマ」を選ぶ『東京ドラマアウォード2014』が2014年10月23日に発表された。

『半沢直樹』(TBS)で演出賞を受賞された福澤克雄さんこと「ジャイさん」。『半沢直樹』の放送から1年が過ぎ、次から次へと進むお仕事の最中、ジャイさんご本人も「半沢直樹」でいくつ目の賞の受賞か数えきれないことでしょう。

「ジャイさん」とは、福澤さん初演出ドラマ『3年B組』で主演の武田鉄矢さんがドラえもんの「ジャイアン」にちなんでつけた愛称で、演者さんからも愛されているのかと思いきや、演者さんだけではないのです。

TBSドラマ『MR. BRAIN』(2009)の公式ホームページの中に作られたコーナー『本日のジャイさん~全国のジャイさんファン必見!ジャイさんこと福澤克雄監督の動向を世に発信するかなりマニアックなコンテンツ~(http://www.tbs.co.jp/mr-brain/jaidiary/)』の存在からも、「局スタッフからも愛されているのか」と窺い知れます(現在でも閲覧可能)。

このコンテンツ以外にも、「2ちゃんねる」などでも、よく名前が出て「ジャイさん頑張れ!」「ジャイさん復活」などの応援スレッドが立っていたり、筆者もFaceBook友達経由で、「ジャイさんファン」の方々から「リアルタイム本日のジャイさん情報」を頂いたこともありました。

スタッフさん・演者さん・視聴者さんから、作品含め「ジャイさん」こと福澤さんご本人も愛されているのを感じます。今までテレビドラマ監督・プロデューサーさんはフロントに出ない方々が多い中、とても面白い現象ですね。

あるインタビューで、「愛されドラマ監督ジャイさん」が語った夢は次のようなものです。

「夢は『映画監督になる』ことだった。克雄少年は、映画『スターウォーズ』に出会って以来、その思いを忘れずにいた。紆余曲折を経て、TBSに中途入社した。『これからはテレビ局が映画を作る時代が来る。ドラマの経験を積んで準備をしておけ』という先輩の助言が頭にあったという。」

「ジャイさん(福澤さん)は映画監督になりたいのか!」と、思った皆さん。色々ありジャイさん初監督作品となった映画は『私は貝になりたい』(2008)。それより10年前、映画監督としての福澤克雄の手腕が発揮されている作品があります。1998年の木曜夜10時TBSドラマ『Sweet Season』です。オープニングと第一話が特に映画的で印象深いのです。そう『SweetSeason』は長い映画なのです。

メディアゴン執筆者でもあるTBSの貴島誠一郎プロデューサー作品を端から観ていて、この作品は異色だったので、放送当時にエンドロールでスタッフ確認をしたのを思い出します。「プロデューサー・貴島誠一郎」のあと、ラストにクレジットされている名前は「演出・福澤克雄」。

異色と感じた、その映画的で印象深い、第一話。まったく説明が無く物語が始まるのです。海外の映画でよくある、やり方ですが、日本の連続ドラマではチャレンジングな手法でした。

日本の連続ドラマでは、第一話は物語の背景や人間関係などを描き説明的なのが鉄板です。なぜなら視聴者が一話で理解できないと視聴率が落ちていくからです。なので、いきなり物語の世界に飛び込んでいくオープニングは本当に斬新に感じました。

映画は観客を作品世界へ誘う為に、説明的で魅力的な画を冒頭に度々インサートしていく、同様に、「SweetSeason」第一話も主人公の時系列のシーンに「プールの中で男の子が動かずに揺れる」幻想的で美しく残酷なシーンと「口論する家族たち」のシーンが交互にインサートされています。

他には、全編通して短いカット割りの映像と音で韻を踏んでいたりします。例えば、工場地帯煙突の焔のカット後に、煙草に着火する焔のカットや、鉄工所の騒音、湿った路面の靴音、中華街のざわめき、夜のSweetSeason入口のスモーク、オレンジ色に染まった横浜港の夕景、本当に印象的です(作品以外でも夕日を撮る習慣のある福澤さんは「オレンジの帝王」と「2ちゃんねる」では呼ばれております)

筆者自身が大学卒論が、スタンリー・キューブリックについて研究をしたので、画と最低限な台詞で全てを語る、削ぎ落とした演出に近いものを感じました。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  3. 3

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  4. 4

    北欧の教育を崇める日本に警鐘

    BLOGOS編集部

  5. 5

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  6. 6

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  7. 7

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  9. 9

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  10. 10

    宮迫の弁解に「往生際が悪すぎ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。