記事

サロンによらずにパーティへ。ヘアメイクの出張サービス「Glamsquad」

1/3

画像を見る

女性のパーティに対する気合はすごい。ドレスやシューズだけじゃない。顔、ヘア、ネイルまで、見えるところにはすべて気を使う。結婚式など昼間のパーティに対してもその情熱が衰えることはない。早朝から支度する姿を見ると、頭がさがる思いだ。

しかし、やはり時間は上手に使いたいところだ。知り合いの女性に聞いたところによると、ヘアメイクは特に厄介だそうだ。ネイルは前日に仕上げておけばよいが、ヘアメイクはそうは行かない。パーティの直前にサロンへ行ってやって貰う必要がある。パーティ前はこれでバタバタしてしまうそうだ。

今回ご紹介する米国の「Glamsquad」は、そんなバタバタを素敵に解消してくれるサービスだ。リーズナブルな値段で、わざわざ美容室に行かなくても自宅でヘアやメイクのプロが出張してくれるサービスが好評で、パーティや結婚式などの前に利用する人が増えているという。

今年の5月にニューヨークでサービスを開始。夏にはロサンゼルスにもエリアを拡大し今後も全米での展開を目論んでおり、現在までに200万ドル(約2億1685万円)の資金調達にも成功するなど勢いづいているこのサービスについて、早速見ていこう。

パーティの前に美容院に行く時間がなかったのがきっかけ

画像を見る

創業者はVictoria Eisner(以下アイズナー)氏。カリフォルニア大学バークレー校を卒業後、ニューヨーク・ブルックリンのロースクールに通い法律の道に進んだ彼女だったが、母親が肥満気味でいろんなダイエットを試しては体重管理に苦しんでいたのを幼少の頃から目の当たりにしており、美容にはずっと関心を持っていたという。

いくつかの法律事務所に勤務したあと、法律関係のアシスタントとしてカリスマ主婦マーサ・スチュアートの会社で働いたのをきっかけに栄養士の資格を取って美容と健康のコンサルタントとして活躍し始め、美容業界ではすでに少し名の知られた存在になっていたというアイズナー氏。転機が訪れたのはある大晦日のことだったという。

その日パーティに招待されていた彼女は、Uberで当日の車の手配をし、Rent the runwayでドレスを調達していたが、髪をセットしてくれるヘアスタイリストがどうしても見つからない。当日に美容室まで行く時間もなかったので、仕方なく自分で髪をセットしてパーティにでかけることになった。

"プロに髪をセットしてもらってからパーティに出かけるのって女性にとってはすごくワクワクするのよね。それが自宅でできたら最高だなってふと思ったの。そんなサービスが車やドレスの手配ができるみたいに、スマートフォンで簡単に予約できたらいいなって"
- アイズナー氏

構想を得たアイズナー氏は、リサーチをしてプロが出張して髪をセットしてくれるサービスが他にないことを確かめた。また、取り扱うサービスを、髪のセットに絞ることも決定した。

髪のセットだけなら、ドライヤーやヘアアイロンなど基本的な道具のみで行える。特別な設備を用意する必要がないため、自宅やオフィスなどの出張に支障が出ないと考えたのだ。

当初はニューヨークのみでサービスを展開していたが、ビジネスの手応えを得るとロサンゼルスでもサービスを開始。また髪のセットだけでなく、メイクのサービスも扱うようになったという。

セレブのような特別感をリーズナブルな料金で実現

画像を見る

Glamsquadでは、予約の時間に合わせてシャワーを浴びて髪の毛を濡れたままにしておくことが推奨されている。スタイリングしやすいというのが理由だが、オフィスに出張してもらう場合など髪を濡らすのが難しいときは乾いた髪でも対応してくれる。

派遣されてくるのはプロのスタイリストたちで、審査や面接を通してGlamsquadが選んでいる。個人の力量で仕上がりが左右されることが少ないよう、Glamsquadでのトレーニングも行っているそうだ。

派遣するスタイリストにはバックグラウンドチェックを行っているので、クオリティの面だけでなくセキュリティの面でも安心して利用することができる。

画像を見る

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。