記事

500人チームで専任は10分の1以下。最小リソースで最良の結果を出す――小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトチーム

1/2

11月30日に宇宙へと旅立つ小惑星探査機「はやぶさ2」。数々の困難を乗り越えながら、世界で初めて小惑星から微粒子を持ち帰ることに成功した「はやぶさ」の後継機です。先代の経験を活かして小惑星「1999JU3」に向かうはやぶさ2は、微粒子を持ち帰ることで、天体だけでなく生命の起源を解明することが期待されています。


2011年に正式なプロジェクト化が発表され、開発がスタートしたのは2012年。その間、数多くのメンバーが関わってきた一大プロジェクトを支えるチームワークの秘訣とは。はやぶさ2のミッションマネージャーであるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の吉川真先生に伺いました。

「超ピンポイント」で決まっている打ち上げ時期

はやぶさ2の打ち上げを検討し始めたのはいつごろだったのでしょうか。

初めてはやぶさ2の打ち上げを提案したのは2006年ごろです。
2005年に小惑星『イトカワ』に到着したはやぶさは、サンプル採取が上手くいかずに終わってしまいました。当時の問題点はわかっていたので、再挑戦としてはやぶさ2の打ち上げを検討していたのです。

かなり前から検討されていたのですね。

はやぶさが打ち上がったのは2003年でした。実は2000年頃から、はやぶさの次の新しい世代の探査機を検討するグループができていたのです。そのグループが、はやぶさ2グループの母体となっています。ただ、はやぶさ2はすぐには予算がつかなかったため、2010〜2011年に打ち上げることを目標に、毎年提案を行っていました。それに間に合わなかったので、2014年まで伸ばすことになったのです。

なぜ2014年なのでしょうか?当初の打ち上げ目標時期となる2010〜2011年から、しばらく空白期間がありますが。

惑星の動きの違いによって、探査機を打ち上げられる時期が決まっているためです。ピンポイントの打ち上げ時期でないと、打ち上げは技術的に不可能。

たとえば火星に探査機を送るとすると、打ち上げ時期は2年に一度しかありません。探査機やロケットなどが打ち上げられなければならない時間帯、またはその時間帯が存在する期間のことを、宇宙用語で『打ち上げウインドウ』といいます。

今回目指す小惑星『1999JU3』は4〜5年に一度しか打ち上げのチャンスがありません。具体的にいうと、『1999JU3』の打ち上げウインドウは11月30日〜12月9日。その間に打ち上げる必要があるのです。

画像を見る

理想は捨てる。チームで模索するのは「今何ができるか」

はやぶさのときと同様、はやぶさ2でも様々な企業が参加し、巨大プロジェクトとして動いていると思います。どれくらいの人数で進めていらっしゃるのでしょうか。

メンバーの人数を正確に出すのは難しいですね(笑)。というのも、はやぶさとはやぶさ2には大きな違いがあるからです。はやぶさは工学実験を行うために開発された探査機で、科学実験は付随的な位置づけにありました。

一方、はやぶさ2は科学実験をメインで行う探査機です。そのため、JAXA以外にも大学や研究機関の科学者が参加するサイエンスチームをつくっています。その人数は200数十人程度と科学面で強化されています。

工学チームにも各メーカーのメンバーが含まれるため、正確な数字を把握しきれないのが実情です。参考までに申し上げると、はやぶさのときはおよそ500人でプロジェクトを進めていました。

はやぶさ2にも500人程度のメンバーが関わっているとすると、かなり大規模なチームだと思います。チームをまとめる際に苦労したのは、どのようなことでしたか?

複雑な装置を“使う側”のサイエンスチームと、“作る側”の工学チームとで役割分担があり、双方にこだわりがあるため、せめぎ合いのようなものが生まれることでしょうか。

サイエンスチームは工学チームに対し、自分たちのやりたいことを主張しますが、工学チーム側が『そこまでするのは危険ですよ……』と主張すると、話し合いが平行線を辿ることになります。

限られた予算や期日があるなかで進めていることですから、各自が理想ばかりを追求していてはいけません。現実的に何ができるかといった観点で、装置を作る人と使う人とで話し合い、協力して進めていくことが求められますが、これが最も難しいことだと感じています。私などが間に入ることもあるのですが、両者が直に話して折り合いをつけていくという形が結局一番ベストになるのです。

画像を見る

メンバーのほとんどが他のプロジェクトとの兼務
一番の課題はマンパワー

予算に関する話題が出ましたが、世界と比べて日本の宇宙研究開発予算は潤沢なのでしょうか? それとも……?

アメリカと比較すると、日本の予算はNASAと比べて10分の1程度とよく言われます。アメリカが、はやぶさのプロジェクトを面白く意義深いと感じたそうで、はやぶさ2を立ち上げた後に、同種の取り組みを立ち上げました。

今年7月にアリゾナ大学に招待される機会があり、現地の視察をしてきたところ、予算規模がまったく違うことに改めて気づき驚きました。サイエンスチームだけで専任の科学者が60人ほどいて、打ち上げ後は200人規模に増やすのだとか。

はやぶさ2もサイエンスチームには200人以上いらっしゃる、というお話でしたよね。

サイエンスチームの科学者は全員、はやぶさ2のプロジェクトに専任として関わっているわけではありません。ほかのプロジェクトと兼務しながら取り組んでいる状態なのです。アメリカとは予算規模がまったく違っているわけですから。

日本も探査機を作って打ち上げるだけではなく、サイエンスチームを中心にもうすこし予算があればと感じています。やはりプロジェクト専任の科学者がいなければならないと。そのマンパワーの部分が一番厳しいですね。制約がある中で上手くやり繰りしていくことが求められます。

全員が複数のプロジェクトを抱えているとはいえ、打ち上げ期が近くなると、優先順位は上がってきますよね?

もちろんです。とはいえ、予算確定後〜打ち上げまでの期間は長いとはいえません。具体的に始動したのは2011年からなので、およそ3年程度です。スケジュールが厳しい点がつらかったですね。まだ打ち上げまでやることが膨大にあり、ギリギリではありますが。

画像を見る

あわせて読みたい

「はやぶさ2」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。