記事

教授会等の議事概要を公開している大学

1/2

high190です。

現在、学校教育法の改正に絡んで内部規則等の総点検を全国の大学が実施しているところだと思います。

直接的には内部規則等の総点検に関わらないのですが、9月2日に開催された実務説明会の議事録に興味深い内容が記載されていました。

リンク先を見る

学校教育法改正関連(P.22)

教授会の役割についてはなかなか一般の方に明らかでないという部分がございます。もちろん学生の入学の審査とか教員の資格審査とか,個人情報に関する部分もたくさんあるとは存じますけれども,一部の大学では議事の次第や議事概要等をホームページで公表しているようなところもございますので,こういったことについても各大学で御検討をいただければと存じます。

国立大学法人法改正関連(p.32)

経営協議会につきましてはこういったような法改正の趣旨を踏まえて,実際の運用の部分において学外委員の意見というものが適切に反映されるようにするために,学外委員の出席が確保できるかといったような観点も含めて経営協議会の規模,その実情を踏まえた適切な学外委員の選任ということが求められるわけでございます。また,経営協議会という会議の場にとどまらないような学外委員に対する積極的な情報提供であるとか,多くの学外委員の出席が可能となるような出席日程の確保,欠席した学外委員に対するフォロー,議事概要の公表その他適切な情報公開など,経営協議会の運用について配慮を行うことが必要であって,これは法施行前であっても変わらず求められているところでございます。特にこの法改正の趣旨というものを十全に実現する観点からは求められる部分であるというわけでございます。

また,各国立大学法人においては,経営協議会の学外委員からの意見の内容とその反映状況というものについて公表を行っていただいているところでございますけれども,経営協議会の学外委員からの質問等については次回の経営協議会においてフォローを行うことであるとか,経営協議会の議事録については特に学外委員の意見,質問,それに対する学内委員の回答,執行部の回答,こういったものについて公表するなど,経営協議会の機能の強化を図る手法というのは様々考えられるところなわけでございます。こういったような法改正と運用が相まって国立大学法人の経営協議会というものが国民の社会に対する説明責任を果たし,学外の有識者の意見を適切に経営に反映させること,また,学外のモニタリングを適切に機能させることによって社会からの信頼と支援の好循環を確立することにつながることが期待されているわけでございます。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    台湾危機に巻き込まれざるを得ない日本 対習近平戦略から考える日本の安全保障政策

    宇佐美典也

    10月27日 12:00

  2. 2

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  3. 3

    日本の本当の財政事情を知らない? 財政均衡にこだわるリベラル勢力

    マガジン9

    10月27日 14:23

  4. 4

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  5. 5

    「女性候補が少ないのは女性のせいなのか」日本で女性議員が増えない本当の理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 15:15

  6. 6

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  7. 7

    作家・羽田圭介が「貯金なんかせず好きなことに使え」と言い切る理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 14:21

  8. 8

    菅直人氏の発言「民主党政権の時代に高校無償化まで実現。現在も無償化」は“不正確”

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月27日 16:19

  9. 9

    入試改革はなぜ失敗?「誰でも語れる」から迷走する教育政策の厄介さ

    物江 潤

    10月27日 13:15

  10. 10

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。