記事

米フォーチュン誌「最強女性50人」にみる2014年の女性経営者像 - 後藤百合子

■話題性ではなく実力が問われるアメリカの女性経営者

米フォーチュン誌10月号で恒例、アメリカを代表する女性経営者をランキングする「最強女性50人」が発表されました。

7位までの顔ぶれは以下の通りです。

1位(前年1位) ジニ・ロメッティ(IBM CEO 57歳)
2位(前年29位) メアリー・バラ(ジェネラル・モーターズ CEO 52歳)
3位(前年2位) インドラ・ヌーイ(ペプシコ CEO 58歳)
4位(前年4位) マリリン・ヒューソン(ロッキード・マーティン CEO 60歳)
5位(前年3位) エレン・クルマン(デュポン CEO 58歳)
6位(前年9位) メグ・ホィットマン(ヒューレット・パッカード CEO 58歳)
7位(前年6位) アイリーン・ローゼンフェルド(モンデレツ・インターナショナル CEO 61歳)

アメリカを代表する堂々たる企業の最高責任者に、50代から60代前半にかけて、気力も経験もじゅうぶんな、貫禄ある女性たちが選ばれているという印象を受けます。

もう一つ共通しているのは、現在、彼女たちが率いている会社が決して順風満帆な状態ではなく、経営の道は困難に満ちているという点です。

■苦悩するIBMとGEのトップをつとめる2人の女性

2年連続トップにランキングされたロメッティ氏は、1981年にシステムエンジニアとしてIBMに入社した叩き上げ。CEO2期目に入っていますが、IBMは現在も9四半期連続で売り上げを落としています。アメリカ経済をけん引してきたこの巨大企業を率い、不採算部門の売却や業務の効率化(契約書を30ページから4ページに削減など)の大胆な業務改革を行うと同時に、積年の宿敵であるアップル社と組み、i-OSでのソフトウェア開発などに乗り出しています。

北欧系の血をひくすらりとした長身にブロンド、碧眼。若い頃には人目をひく美女だったと推察しますが、アップルのティム・クックCEOをして「恐ろしく頭がいい」と言わしめた頭脳とずば抜けたコミニケーション力で「ガラスの天井」をはねのけてきたと言われています。

2位のGMバラ氏は史上初の大手自動車製造会社女性CEOになったものの、就任直後にやはり史上最悪のリコールに直面。せっかく回復していた株価も急降下するという苦境の中、それを逆手に取って悪名高いGMの企業風土改革に取り組んでいます。こちらも父が39年間GMに勤務したワーキングクラスの家庭に育ち、18歳からGMで働き始めてMBAまで取得。2人の子供をもつワーキングマザーです。

逆境にもめげずにGMの大企業病と闘う彼女は率直で飾らない人柄が持ち味で、あのウォーレン・バフェットも「彼女こそ適任」とGM株を買い増しているそうです。

■10万人のスタッフの頂点にたったジャマイカ出身のアン・マリー・キャンベル

いっぽう、昨年マスコミで大きく取り上げられてワーキングウーマンのアイコンともなったIT系の「絵になる」若手経営者たちは順位を下げているか変わらずで低迷。

10位(前年5位)シェリル・サンドバーグ(フェイスブックCOO 45歳)
16位(前年8位)マリッサ・メイヤー(ヤフーCEO 39歳)
19位(前年19位)スーザン・ウォシッキー(グーグル、ユーチューブCEO 46歳)

このランキングを見てもアメリカの女性経営者は、イメージ先行からじっくりと腰を据えて働き続けてきた実力重視のフェイズに突入したといえるでしょう。

もう1人CEOではないですが注目したいのが、38位にランキングされたアン・マリー・キャンベル氏。

アフリカ系アメリカ人でジャマイカ出身の彼女は、ウォルマートに次ぐ世界第2位の小売店であるホーム・デポの南部地域トップに。大学在学中にレジ係としてキャリアを始め、15州にまたがる690店舗、10万人のスタッフを率いる地位につきました。まだまだ女性差別と人種差別が残るアメリカ南部地域で巨大チェーンのトップに立つというのは、並大抵の努力ではできなかったことだと思います。

■日本の女性経営者もぜひ登場を!

この他にも「女性起業家10人」の中に幼児・家庭用品の小売り会社「オネスト・カンパニー(正直な会社)」を2012年に立ち上げて1億2,200万ドルを売り上げ、「顧客と真摯な関係を築いていきたい」と語る女優ジェシカ・アルバが選ばれていたり、まだまだ太子党(共産党幹部の子弟)系女性経営者が闊歩する中国で、学校の先生から転身したというアリババの2人の女性重役が紹介されていたり、と非常に読みごたえがありました。

ただ一つ残念なのは、世界第3位の経済大国でありながら、アジア太平洋地域で日本人が1人も選ばれなかったこと…。

ぜひ来年は素晴らしい日本の女性経営者が世界のビジネスマンに紹介されることを期待しています。

【参考記事】

■マタハラ、逆マタハラに企業が陥らないためにできること。
http://sharescafe.net/41573584-20141027.html
■上川新法相にみる「女子校力」。
http://sharescafe.net/41560081-20141026.html
■転職で出産適齢期を逃していませんか?
http://sharescafe.net/41169792-20141006.html
■転職を繰り返す人を採用したくない3つの理由
http://sharescafe.net/41119882-20141002.html
■貧困家庭サポートNGOが超豪華パーティー主催!?福祉も民間主導のシンガポール
http://sharescafe.net/41001459-20140925.html

後藤百合子 経営者

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。