記事

「暴言」を吐く人々に見る「共通の文法」

ある大学病院の救急センターに勤務するドクターが、橋下市長VS桜井在特会会長のバトルを見て面白い分析をなさっています。

在特会会長は、

☆自分からの発言は少ない
☆相手の揚げ足取りに終始する
☆相手の立場を攻撃する

その上で、何が興味深いかというと、ERで夜中に暴れる方々は判で押したように同じような態度をとるのだそう。

☆「お前から言わんかい!」
☆「今、そういったやろ!」
☆「お前それでも医者かい!」

内容ではなくて、ただ言葉尻の捉え合戦での優勢にこだわる人々が放つ「暴言」には総じて標準化された「共通の文法」がある、という趣旨のご指摘に、久しぶりにバシバシと膝を打ちました。

政治家に対して絡んでくる人も同じ傾向があるよね(笑)

あわせて読みたい

「在特会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。