記事

あり得たかもしれない解決法

 拉致問題が進展するかどうか、北朝鮮側の動きが注目されています。外務省時代の元直属の上司であった伊原局長が平壌を訪問しています。ここ数代のアジア大洋州局長というのは「霞が関で最もテレビに出て来る局長」でして、大変だろうと思います。

 拉致問題というと、私は一つの「大チョンボ」を思い出します。もう覚えている方がそれ程いない話ですけど、以下に書く話は日本外交にとって大チョンボだったと思います。なお、以下に書く話は「道義的にその手法で良いのか」という事は少し脇に置いて、「拉致被害者のいち早い帰国」という視点だけから考え得る話です。

 拉致問題の一つの解決方法として、「拉致被害者を第三国で『偶然』発見する」というやり方があったと思います。日本とも、北朝鮮とも外交関係がある、東南アジアの国辺りが有力でしょう。例えば、バンコクの街中で「偶然」見つけたということにするわけです。

 勿論、そんな偶然があるはずもなく、北朝鮮軍部と共同で綿密なシナリオ書きをした上で、ある日突然拉致被害者をバンコク市内で見つける、それについて日本も北朝鮮も一切のコメントをしない、公式的には「バンコク市内で見つけた」だけであって、どんなにバレバレであってもそれを押し通すということです。それ以上でも、それ以下でもありません。

 これですと、北朝鮮側が飲みやすいという利点があります。「当該人物については自分達は知らない。ハングルが話せる?韓国にでも居たのではないか。」と徹頭徹尾言い張れることで、メンツが潰れないということです。本来、拉致事件実行側のメンツを慮る理由はないのですけども、北朝鮮はプライドの高い国であり、あくまでも「いち早い帰国」という視点からすると、そういうディールもあり得たと思うわけです。

 しかし、この可能性は2000年に完全に潰れてしまいます。それは時の森喜朗総理大臣が、この可能性を口に出して言ってしまったのです。元々1997年、同総理が自由民主党総務会長時代の訪朝時にそういう提案をしたようですが、その時のやり取りを、2000年、イギリスのブレア首相との首脳会談時にボロボロ話してしまったのです。

 分かっていただけると思いますが、この手の話は為政者が口にした瞬間にすべてが終わってしまいます。ただでさえ仕切りが難しいのに、そういう案があることが周知の事実になってしまえば、あまりに白々過ぎて勿論やれません。

 本当にこういう事がやれたかどうかというのは分かりません。そもそも「そんなことは無理だった」ということなのかもしれません。しかし、微かかもしれないけども「可能性」はあったと私は思います。森総理の発言はその微かな可能性を完全に潰してしまいました。私はこれは大チョンボだと今でも憤慨しています。

 ここからは「たら」「れば」の世界になりますが、あの時、あの発言が無ければ、拉致問題はもっと別の解決方法を探れたのではないかと残念でなりません。

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。