記事

マネーロンダリング的手法

 西川農相が、親族企業に政治資金を還流させていたのではないかという疑惑が出ています。このニュース、正確に理解するのが少し難しいのです。

 恐らく、これは(還流した資金全部ではないとしても)政党助成金だろうと思います。税金を原資とする政党助成金については、各党ともその使途に厳しい制限を掛けています(法令上ではなく政党内規によっています)。例えば、民主党であれば、飲み食いに使うのはダメ、助成金は政党支部で受け取り、それ以上の政治団体間の移転は不可等、色々な制限が掛かっています。多分、自由民主党も同じだろうと思います。

 西川農相が親族企業に政治資金を還流させたのは、落選期間中です。落選中、資金的にキツかったので、党本部から交付された政党助成金を自由なカネとして使いたかったのでしょう。しかし、それだと内規に引っかかります。そこで親族企業との取引を間に噛ませて、マネー・ロンダリングをして、「使い出の悪い政党助成金」から「自由に使えるカネ」を作り出したということではないかと見ています。

 政党助成金のマネー・ロンダリングについては、これ以外にも幾つか裏技があります。私はそういうのに詳しいのですけども、勿論やりません。なお、こういう手法、法令上は違法ではありません。それくらい公職選挙法や政治資金規正法というのは穴が多い法律です。ただし、この手法を塞ぐのは、法的には相当に難しいです。仮に「政党助成金を受けた政党支部は親族企業と取引してはならない」と法改正したとしても、そうであれば「親族企業ではないけど、意を通じた人所有の企業」を噛ませればいいだけです。

 国民の御浄財を「コーヒー一杯分」ということで頂いている政党助成金、その使途に疑いを持たれるようなことは絶対にしてはなりません。今は政党によって、使途に関する内規がかなり違うようです。疑いを招かないように法令で一律に厳しく律した方がいいと思います。

 なお、この手法に手を染めたのは自由民主党関係者だけではありません。この点は言わなくてもいいことなのでしょうが、どうしても最後に加筆しておきたかった部分です。

あわせて読みたい

「西川公也」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  9. 9

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。