記事

動き出した日中関係、それぞれの裏事情

外務省の伊原純一アジア大洋州局長が、10月11日に非公式に中国を訪れていたことがわかった。さらに、さかのぼること約3カ月前、6月下旬には、福田康夫元首相が訪中している。習金平国家主席と会談したのだ。

この会談は、中国側からの依頼があり、福田元首相が安倍首相に相談したところ、安倍首相から「ぜひ行ってください」といわれて実現したものだ。実は、福田元首相と安倍首相はあまり仲がよくない。だが、いまはそんなことをいっている場合ではないのだろう。日中首脳会談の実現は、中国にとっても日本にとっても、いまや最重要課題なのだ。

福田元首相と習主席との会談だが、会談にある重要な人物が同席した。元外務事務次官の谷内正太郎さんだ。いまは内閣官房国家安全保障局長として、日本の安全保障をしょって立つ人物である。そして彼は、外務省でもっとも中国に太いパイプを持っている。谷内さんを同席させたことからも、安倍内閣の日中会談に対する本気度がわかる。

さて、この会談が実現するにあたって、ひとつ注目すべきことがある。会談の開催について中国側から、福田元首相にアプローチがあったのだ。中国が、日本への態度を軟化させつつあるといえよう。この中国が態度を変えた背景には、習体制の基盤が整ってきたということがある。

政権の基盤が弱ければ、対外的な態度は強硬になる。中国でいえば、とくに日本に対して、甘い態度は見せられない。これは韓国も同じことだ。国内の体制が不安定であればあるほど、日本に対する風当たりが厳しくなるのだ。

この夏、習主席は党内序列第9位の地位にあった周永康を処分した。周のバックには江沢民元主席がいた。だから、これまで周は好き勝手なことができた。いまだ強い権力を持ち続ける江沢民を、みな恐れていたからだ。

その周を追放できたということは、党内の権力バランスに変化があったとみることができる。つもり、習主席が確固たる力を持ったということだ。だから、日本に対する態度を軟化させてきたのだろう。

中国が日本に求めるものはいくつかある。そのなかで、とくに大きいものが2つある。ひとつは、日本企業の中国への進出減少を食い止めること。そして、もうひとつは汚染問題へ強力だ。

PM2.5をはじめとする中国の汚染問題は深刻だ。過去にさまざまな公害を克服してきた日本の技術は、喉から手が出るほど欲しいはずだ。一方、日本にとっても中国は一大マーケットである。日中ともに友好的関係を取戻したいのはやまやまである。

しかしながら日本と中国の間には、「尖閣」という大問題がある。日中関係の大きなトゲになっている。だが、目の前にある問題からみれば、それは寝かせておけるテーマではないだろうか。もちろん日中会談が行われれば、尖閣問題は話さざるを得ない。でも、いくら話しても結論が出ないことはわかりきっているのだ。

僕は、11月にも日中首脳会談が実現するだろうとみている。そして、日中首脳会談が実現した場合、安倍首相も習主席も、お互いの主張をいちおうは述べることになるだろう。だが、あとはそっとしておくに違いない、と僕は思っている。それだけ、日本と中国にとって重要なテーマが山積みだということだ。いつまでも尖閣の問題で、立ち止まっているわけにはいかないのだ。

あわせて読みたい

「日中首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。