記事

<ビートたけしの死生観>なぜ「たけし」はバイク事故の顔面のままで番組に出演したのか

吉川圭三[ドワンゴ 会長室・エグゼクティブ・プロデューサー]

***

前回前々回と、テレビ番組のプロデューサーとして筆者が体験し、驚かされた(?)「ビートたけし」のエピソードについて書きてきた。今回は全三回となる「ビートたけし論」のいよいよ最終回。

今回のエピソードの舞台は前回の記事と同じく、15年ほど前の「番組対抗スペシャル」という番組収録時でのことである。

実はこの番組収録の1年前に、たけしさんは、四谷の権田原でバイク事故を起こし頭部に大変な外傷を負っていた。誰もが復帰を危うんだが、奇跡の治療と本人の気力で比較的短期間に現場復帰することが出来た。

しかし、その顔面は歪み、芸人としての将来を危ぶむ関係者もいた。そのたけしが「番組対抗スペシャル」に出る。不可能だろうと思った。他の番組には出演していないし、入手した情報によるとまだ顔面の半分が大きく腫れているそうだ。

でもこの番組にビートたけしがでれば、話題沸騰だろし、番組的にはオイシイと担当プロデューサーは考えた。たけしさんは義理堅い。出演を了承してくれたのだ。

スペシャルゲストという扱いでたけしさんを衝立(ついたて)で隠し、他のタレントが「誰が来ているのか?」を当てるというもの。当日たけしさんが現れる。事故以来だがまだ顔面の腫れもひいていないようだ。

「この状態でテレビに出るのか?」

正直、筆者はそんな思いを持った。

ADが出番を告げる。登場口に立つ。たけしさんは淡々としている。カーテンが開きゲストがたけしであることが200人の観客に分かる。笑いは一切ない。一瞬の間の後、拍手が。

たけしは椅子に座り、らくだのモモヒキを下し、ブリーフ一丁になる。一笑い、二笑い。たけしは覚悟を決めたように無表情だ。

クイズのVTRが始まる。2〜3人の誤答が出た後、4人目の回答者が当ててしまった。スタジオにあまた集まったタレントたちは「本物のたけし」が来ていることに驚嘆し、声も出ない。その後たけしは朋友・所ジョージと二言三言話して帰って行った。

一流の芸人というのは自分を客観視できる。超一流ともなれば、客席の観客ばかりでなく、ブラウン管の前の視聴者やスクリーンの向こうの観客の気持ちまで分かってしまう。

あの時のたけしさんが自分の顔面を見せて「視聴者含め、みんながどう思うか?」を理解していなかった訳はない。すると「義理で出演した」ということもあるが、何か腹を括った上での出演という気がしてならない。

あの時、あのまま隠れるようにして舞台から逃げ続けていたら復帰は遠のくし、「ありのままのオイラを見てもらってもいい」と判断したのかもしれない。

「オイラは今日から始めるよ」という不敵な宣言だったのかもしれない。現在、我々は「平和にビートたけしを楽しんでいる」が、あの出演の後、顔面が治らなかったら・・・と考えるとビートたけしのあの時の胆の座り方がわかる。

ビートたけしの死生観・芸に対する凄まじい考え方を見た・・・と言ったら大げさだろうか。

【関連記事】
<天才を間近で目にする驚き>演出プランをはるかに超えていたビートたけしの想像力
<「ビートたけし」は普通ではない>残酷?クール?優しい?解らないけど「たった一言」で人を楽にする

あわせて読みたい

「ビートたけし」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  2. 2

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

  3. 3

    安倍首相による平和賞推薦に疑問

    舛添要一

  4. 4

    統計不正は森友と同じ忖度行政

    岸本周平

  5. 5

    辺野古の賛否問う県民投票に疑問

    MAG2 NEWS

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    林修 ブレイク6年目も消えない訳

    文春オンライン

  8. 8

    「ダメ、ゼッタイ。」が生む偏見

    WEDGE Infinity

  9. 9

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  10. 10

    医師と患者で差「完治」の解釈

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。