記事

ノーベル賞・天野浩名大大学院教授の講演(要旨)

画像を見る党合同会議で講演する天野教授=22日 衆院第2議員会館

若い力が課題を突破
博士 人材、基礎研究に支援を

学生時代、(天野氏とノーベル物理学賞を同時受賞する)赤﨑勇先生の研究室で、青色LEDに必要な「窒化ガリウム」の高品質結晶の作製に取り組んだ。何千回もうまくいかない時が続いたが、その中で少しずつ勉強し、技術も習得した。

ある日偶然、研究装置の調子が悪くなって、本当は高い温度で作らなければいけないのに、逆に低い温度で結晶を作ることになった。すると、物の見事にきれいな結晶ができてしまった。これは現在、「低温バッファ層技術」と呼ばれ、世界中で使われている。

青色LEDができたことで、赤色、緑色LEDと合わせて光の三原色が達成され、フルカラーのディスプレーを作れるようになった。そして現在は、ディスプレーだけでなく照明にまで技術が進展している。

LED電球は、白熱電球と比べて8倍以上の発光効率だ。2020年の東京五輪までには、7割以上がLEDに置き換わると予測されており、日本の全発電量の7%分を削減する効果があると試算されている。

さらにLED電球は、太陽電池と組み合わせることで、南米やアフリカ、中央アジアなど、発電所を造るのが難しい国に住む子どもたちの「夜、勉強したり、本を読みたい」という願いをかなえることにもつながっている。

研究で大きな課題があった時、それを突破するのは若い力だ。20代半ばから30代半ばくらいまでの若い力が、今まで無理と言われていた課題を突破している。博士課程や若いポスドク(ポストドクター=博士研究員)がイノベーション(技術革新)には必須だ。そのため、学生にとって返済が負担になっている奨学金制度を改善できないかと強く感じている。

今回の青色LEDもそうだが、基礎研究が大きなイノベーションにつながっている。基礎研究を行う人への投資は日本の強さを維持するために、また次の時代を切り開いていくために必要だと思っている。未来への投資ということで、ぜひ皆さんにも力を頂きたい。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  5. 5

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  10. 10

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。