記事

サイバー防御基本法案

技術者の質量ともに養成を急げ

サイバー攻撃に対する国の責務などを定めた「サイバーセキュリティ基本法案」が23日、参院内閣委員会で可決され、臨時国会で成立する見通しとなった。

行政や企業のコンピューターネットワークに不正に侵入し、情報の詐取や改ざんを行うサイバー攻撃は急増している。政府機関への不正常なアクセスで「脅威」とされたものだけでも、2013年度は約508万件に上り、前年度(約108万件)の5倍近くに達する。事態は深刻だ。

基本法案は自民、公明の与党が骨格をつくり、先の通常国会で与野党6党が衆院に提出して委員長提案とされたが、参院で継続審議にされたままだった。サイバー攻撃対策の初の法的根拠となる法案であり、意義は大きい。

法案は、内閣に「サイバーセキュリティ戦略本部」を設置し、サイバー攻撃の情報提供を各省庁に義務付けることが柱だ。公明党の主張により、国民の自発的な対策を促した上で国が必要な相談体制を整備することや、中小企業や自治体のための支援も明記した。政府は成立後、具体的な施策に急ぎ着手してほしい。

対策を進める上での大きな課題が、サイバー攻撃に対処できる技術者が質量ともに不足している問題だ。

独立行政法人・情報処理推進機構が企業アンケートを基に推計したところ、国内の技術者約26.5万人のうち、約16万人が技能不足だった。さらに、その人たちの技能を向上させたとしても、新たに8万人の技術者が必要である。

官民を挙げた人材育成の環境整備が欠かせない。

国家試験や資格制度の見直しも、その一つだ。IT(情報通信)人材としての知識・技能が一定水準以上であると認定する情報処理技術者試験があるが、IT分野は技術進歩が著しく、数年前の知識や技術では対処できないケースも多い。技術者が常に最新の技能を身に付けられるよう、研修や資格制度の見直しを進めなければならない。

教育機関との連携も重要になる。社会人向けのサイバー攻撃対策演習の講座を開設したり、人材養成のため「情報セキュリティ学科」の新設方針を発表した大学もある。こうした取り組みを広げたい。

あわせて読みたい

「サイバーセキュリティ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  3. 3

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  6. 6

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。