記事

20世紀初頭の支那と21世紀のイラクとシリアのイスラム国

 十月二十五日は、帝国海軍が、フィリピンの基地マバラカットから、神風特別攻撃隊を出撃させて敵空母を撃沈する戦果を挙げてから七十年を迎える。以後、戦闘の終結まで六千四百十八名の若者が、必ず戦死する特別攻撃に参加していった。

 来年、平成二十七年(二〇一五年)は、日清戦争終結から百二十年、日露戦争終結から百十年、大東亜戦争終戦から七十年を迎える。
 (もっとも、大東亜戦争は、講和条約が発効した昭和二十七年(一九五二年)四月二十八日に終結するが、同二十年九月二日の降伏文書調印を以て終戦とした。)
 
 そして、中共の習近平主席と韓国の朴槿恵大統領は、各々その地位に就任するや、反日で意気投合して支那朝鮮の歴史的な朝貢(隷属)関係を復活させて、来年を「邪悪な日本軍国主義に打ち勝った記念すべき七十周年」として祝い、国際社会に邪悪な日本と正義の支那朝鮮を演出する準備を進めている。
 つまり、彼らは対日「歴史戦」を展開し、未来永劫、日本を邪悪な醜い劣等国とし、自分たちは輝ける正義の国と「刻印」しようとしている。

 すると本日、産経新聞は、その名もずばり「歴史戦」を出版し、朝刊にその広告記事を掲げ、そこに「朝日新聞、中国、韓国と日本はどう戦うか」という文字を大書している。

 まさに、「歴史戦」に停戦や終戦はなかったのである。ないどころか、七十年目を目の当たりにして、支那・朝鮮は、ますます執拗に、我が国に継続した攻撃を繰り返している。
 しかも、その攻撃の「武器」は、「歴史の捏造」なのである。
 したがって、このまま放置すれば、彼らの「歴史の捏造」が真実として定着し、七十年前に特別攻撃隊として飛び立って行った関大尉以下六千四百十八名の若者が、邪悪な者とみなされることになる。
 よって、今こそ、我が国は総力を挙げて、今までのように遠慮会釈なく、敢然と反撃に転じなければならない。その「武器」は、「歴史の真実」である。
 我らは、支那朝鮮の「歴史の捏造」に対して、「歴史の真実」を以て立ち向かい、捏造を撃破しなければならない。

 そこで、本日、思うことがあるので書いておく。
 それは、現在の我々の眼前に展開している状況を以て、百二十年前、百十年前そして七十年前の事態の実相を把握するということである。
 その、例を二つ提示しよう。事態が具体的に把握できるようになるだろう。

 その一つ。
 イラクの北部とシリアの東部一帯を、イスラム教スンニ派の過激武装集団「イスラム国」が占拠している。そして、世界はその「イスラム国」の情け容赦のない残虐性を見せつけられている。
 しかし、十九世紀から現在までの支那の残虐性と比べれば、イスラム国の残虐性など、規模においても程度においても子供だましに過ぎない。
 その二つ目。
 中東やアフリカにおいて、国の統治能力のない地域の住民が飢えて救いを求め難民と化している。そして、各国はそれを放置できずに、その人々を助けようとしている。
 しかし、統治機構の働かない地域や統治機構が人民の救助に全く無関心な地域の住民を外から助けるのは至難のことである。
 この状況は、現在のアフリカや中東に現出している。
 そして、十九世紀から二十世紀初頭まで、日本が併合するまでの朝鮮半島は、まさにこの地域であった。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。