記事

社会的ニーズに焦点を当てた特化型クラウドソーシング

クラウドソーシング(以下CSと略す)には幅広い業務分野を扱う総合型CSと、分野を絞った特化型CSがあり、前回はクラウドワークスを例に総合型CSを見た。今回は、CrowdSolvingの福江一起氏(インフォコム株式会社CrowdSolving運営担当)と、Anicli24の西野高秀氏(株式会社チェリッシュライフジャパン代表取締役)をゲストとして迎え、CSを利用して高度人材をどう起用するかを解説してもらった。講師は引き続き、東京工業大学イノベーションマネジメント研究科教授の比嘉邦彦氏である。

●データサイエンティスト特化型CSサイト「CrowdSolving」


CrowdSolvingは、2013年2月にスタートした日本初のデータ分析・予測モデル作成の為のCSサイトであり、クライアントが出した課題に対して全国のデータサイエンティストがデータ分析や予測モデル構築を競い合うコンペサイトである。サイトでは、クライアントとデータサイエンティストのマッチングや、システム開発ASPサービス、蓄積された知見によるコンサルティング・アナリティクスなど幅広い業務が行われる。

目的に合わせて(1)予測モデル形式、(2)データ分析形式の2つのコンペ形式が用意される。前者では、過去の実績データから高精度な予測モデルを構築するコンペを開き、上位入賞者のモデルのアルゴリズムやソースコードなどがクライアントに納品される。後者は、目的・目標を設定した上でデータから現状分析・将来予測・施策提案・解説検証等を行うコンペを開き、コンペに提出された全ての分析がクライアントに納品される。コンペは通常1カ月から半年間行われる。コンペで会員達が競って分析を行う事で、納品物が高品質化する事が意図される。リーダーボードによって参加者の順位を見る事が出来る。

同サイトでは、これまでにコンテンツ販売サービスの会員離脱予測(43人・391件)やヒトインフルエンザウイルスの株予測(26人・223件)など幾つものコンペが開催されている。

●CrowdSolvingの存在意義


福江氏によると、分析対象となるデータ量や種類が増え続ける一方で、日本ではビッグデータを分析して有益な結果を出せる人材の量と質が不足しているという。また、ビッグデータと言っても分析課題は多岐に渡り、各分野の専門家を一つの組織で網羅的に確保する事は難しい。必要に応じてデータサイエンティストの知見を借りてビッグデータをより効率的に活用出来れば良いという考えから、CSを使うという方策に至ったようだ。

一方、データサイエンティストがCrowdSolvingに参加するメリットもある。データ分析を実践したくてもリアルなデータにアクセス出来ない人は多く、そうした人にとって極めて良い実践になり、日々変動する順位の存在が勉強の励みにもなる。就職していない学生にとっても腕試しの場にもなり、その上賞金獲得の可能性もあるのだ。

●CrowdSolvingの更なる発展に向けて 


全体としては、データ分析・予測モデル構築のための共通プラットフォーム化を目指し、ビッグデータ利活用を効率化する事によるイノベーション創出を支援していくという。

とは言え、まだまだCrowdSolvingのようなサービスの利用は少ない。データを出したがらない企業が多く、特定の人のみにデータを公開する事でデータの漏洩や悪用を防止する企業が多いようだ。この点に関して、現在はオープンコンペのみが開催されているが、今後はコンペの成績上位者のみに公開するプライベートコンペも開催する予定だという。情報のオープン化において法規制の問題にぶつかるが、個人情報として取り扱える情報とそうでない情報を分ける法改正が必要だと言う。

また、同様のサイトは海外には多数あり、世界最大のKaggleを始め海外ではデータ分析・予測モデル作成のためのCS利用が一般的であり、人材の海外流出も懸念されるが、福江氏は、海外サイトで活躍する人材がCrowdSolvingに来るシナジー効果もあり、必ずしも流出が悪い事だと捉えていないようだ。

日本企業も海外の流れに遅れずにデータ活用を成長戦略にして積極的にデータサイエンティストを登用していかなければならず、CrowdSolvingは日本のデータサイエンティストの活用を担う登竜門となっていくことが期待される。

●24時間365日電話でサービスを行う専門動物病院CSサイト「Anicli24」


日本での犬・猫の飼育頭数は約2128万頭であり、日本の15歳未満人口の約1665万人を上回り、「ペットは家族」の時代だ。一方で獣医師数は35818人に過ぎず、獣医師が不足する病院が多い。地域間格差は人の医療よりも大きく、24時間の診察受入病院は11箇所しかなく、うち10箇所は関東という偏りだ。

そこでチェリッシュライフジャパンは、「医は仁術である」「未病・予防」「医食同源」をキーワードにアニクリ24を設立し、総合的ペット医療相談を展開している。特徴的なのは、「0次診療」という予防医療に特化した動物医療であり、これを元にペット医療の地域間格差・時間帯格差を補完し、ペット医療サービスの拡散を図り、日本の動物の予防医療の発展に貢献する事を目標としている。0次診療で対応出来ない場合は、1次診療として全国10134の小動物診療施設での病気・怪我の治療、それでも対応出来ない場合は2次診療として16大学病院での高度医療で対応している。

「アニクリ24」が提供するペット相談ダイアルは、犬猫に関する事なら何でも気軽に相談できる電話窓口で、全ての電話に獣医師が対応し、全国一律通話料金であるIP電話番号で行っている。このシステムは、飼い主と獣医師の悩みを同時に解消出来る新しいビジネスモデルであり、24時間電話対応し、電子カルテで客ごとに管理し、その情報を獣医院同士で共有する事で相談の継続性を担保している。

●テレワーク導入の背景と効果


獣医師になるのは年間で1000人に留まり、中でも小動物臨床をする獣医師は半数に過ぎず、全体の過半数が女性を占めるというのが獣医師労働市場現状である。しかし、多くの女性獣医師は育児・出産・夫の転勤などによる離職も多く、深夜労働に抵抗感を持つ場合も多いので、唯でさえ少ない獣医師が更に不足しやすく、有能であるにも関わらず働く場を失っている女性獣医師の労働環境を整備改善する必要があった。

アニクリ24のテレワークは、女性獣医師が出産・育児期間中も出勤せずに働ける労働環境が実現するという大きなメリットを持つ。実際、アニクリ24の獣医師の8割が女性で、中でも子育て世代の30年代の女性が最も多い。相談者は女性が多く、医療だけでなく躾の話なども多く寄せられ、女性獣医師が多い事は病院で聞きにくい内容を気軽に聞けるというメリットもある。特に女性利用者は、結論を先に言われるよりも相談者の状況を説明して共感してもらうことを重視する傾向にあり、女性獣医師が相談者として適正があるようだ。

獣医師の採用は、獣医師専門のサイトや従業員の知り合いなどを伝手にして採用しており、「臨床経験5年以上」と経験豊富で、かつ、電話相談に対応出来る「コミュニケーション・スキル」を持つ獣医師が重点的に選ばれる。更に、電話相談を全て録音して評価をフィードバックし、獣医師に内容を客観的に見てもらう事でスキルアップも図っている。

●日本の社会問題とテレワーク


西野氏は、日本は超高齢化社会を迎えており、女性のM字カーブなどの社会問題もあるが、逆にこれらの人達をリソースとして利用できるチャンスがあると指摘する。日本にはテレワークと親和性が低いという意見も根強いが、海外の競合企業は積極的にCSを活用しており、その動きに逆行する事は出来ない。日本企業はテレワークを活用しないで生き残れるのかを考えた上で、どうすべきかを決定する事が重要だろう。

あわせて読みたい

「クラウドソーシング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  8. 8

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  9. 9

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。