記事

世界の高速インターネットを支える仕組みと最も高速なインターネットを持つ国

インターネットで海外のサイトを閲覧することを思い浮かべて下さい。

あなたのPCから出て行った電気信号がLANケーブルを伝わりルータ(モデム)を経由して電話回線に入り込みます。電話回線をぐるぐる回って、海辺の通信施設へたどり着き、そこから海に潜って海底ケーブルをずーーーーっと伝わって海外サーバへようやく到達する。

あなたがPCの前でマウスをクリックしてから、画面が切り替わるまで、そんな壮大なスケールで通信が行われていることを意識したことはありますか?

前振りが長かったですね。今回は海底ケーブルの話です。

海底ケーブルといえば、国同士をつなげる国際通信網。太平洋には、アメリカまで伸びるケーブルが敷かれています。これを管理しているのはKDDI、NTTコミュニケーションズ、グローバルアクセスの3社だけなので、あまり外には話は漏れてこないのですが、人づてに面白い話を聞いたので、なぜなに形式で書きます。

▼海底ケーブルって何

光ファイバを十数本まとめたものを特殊ゴムで覆ったケーブルです。1秒間にハリウッド映画4本分を同時に送ることができるくらい、非常に太い回線になります。2012年9月にパイプラインネットワーク社が発表したところでは、シドニーとグアム間に8Tb(テラビット)/sのケーブルを敷いたとのこと。1秒間に1TBのデータを送信できるなんて、すさまじいです。また、2013年2月には日本~フィリピン~マレーシア~シンガポール~香港を結ぶ海底ケーブルで15Tb/sの接続を実現しました。

海底ケーブルは水圧や接触衝撃にも耐えるように作られており、なんと、50t以上の圧力にも耐えます。自動車なら、10台以上を同時に吊るすこともできるんですよ。

▼太平洋を横断する海底ケーブルはどうやって敷いているの?

船底からケーブルを垂れ流しながら施設しているそうです。通常は海底に横たわる形で敷設していますが、マリアナ海溝(水深1万m以上)を渡るときは、流石に深海までケーブルを敷くことはできないので、海底ケーブルがプカプカ海中を漂っています。大型の魚に体当たりを喰らって、千切れてしまうケーブルもあるため、常に予備ケーブルを張り巡らせているということ。

最近では、地球温暖化の影響で北極海の氷が溶けて、ロンドンと東京を直接結ぶ海底ケーブルが敷設可能になったそうです。1.6Tb/sの回線を6本敷く予定で、2012年下半期に工事は着工することになっています。

ちなみに、太平洋の海底ケーブルを維持するには、年間1000億円以上のコストがかかっているって知ってました?

▼海底ケーブルに天敵がいるってホント?

ズバリ、最大の敵は、「漁船の地引網」だそうです。地引網は、海底にあるものを根こそぎかっさらっていくため、海底ケーブルも掬われてしまいます。このため、深海部のケーブルより沿岸部のケーブルの方が、強い強度が求められるそうです。

▼誰がケーブルを敷くの? 専門の職業があるの?

普通の社員が、ある日突然辞令を言い渡されて、銚子や伊勢志摩の通信拠点に勤めることがスタートラインです。そのうちケーブル敷設船に乗せてくれるようになり、気がつけば、ケーブル敷設の担当になってたりします。もちろん、出向扱いだった待遇も転籍になっちゃいます。

なお、世界の海底ケーブル敷設状況は下記の通りになっています。実物はリンク先のサイトで販売しているので、興味のある方はどうぞ。だいたい1万ドル(80万円)くらいです。個人で買うにはちょっと高いですね。
http://www.telegeography.com/telecom-maps/custom-map-design/index.html

画像を見る

参考:http://it-ura.seesaa.net/article/294192434.html

近年、ますます海底ケーブルの重要性は増しています。

以前は衛星通信で配信されていたデータも今では海底ケーブルを使うようになっています。10年前はテレビ中継や国際電話で衛星通信を使うことはありましたが、今ではそれらの99%は光海底ケーブルを利用しています。

なぜなら、衛星通信は天候不順によってデータ通信ができなくなることがありますが、海底ケーブルを使えば常に安定したデータ通信が可能になるからです。

ちなみに世界で初めて海底ケーブルが敷設されたのは、なんと1850年のイギリス―フランス間であるとのこと。日本でも1872年に関門海峡に敷設され、日米間の光海底ケーブルが敷設されたのは1989年になります。


ところで、海底ケーブルで世界を結ぶ高速ネットワークが実現していくわけですが、海底ケーブルから陸に上がってからの通信事情では、国によって事情が異なります。もっとも高速なネットワークを備えているのはどこの国かご存知でしょうか?

実は、世界で最も高速な通信インフラを備えているのは韓国です。韓国では国策として高速通信インフラを整備しており、2014年10月時点では、日本よりも40%以上、アメリカと比べると50%以上もの高速なインターネット環境が整っています。モバイルインフラでも、5G(3G→LTE→4Gの次)通信の基地局整備がいち早く取り組まれており、日本よりも速い時期に商業サービスがスタートしそうです。

このことについて、調査会社のIDGが面白いレポートを発表していました。以下の記事によると、韓国が世界でもっとも早いインターネット環境を手に入れることができたのは5つの要因によるものとのこと。

・国策による初期インフラ整備
→1995年には1%のネット普及率、2000年には50%弱へ激増
・激しい競争環境によるサービス向上
→大幅な規制緩和による競争激化を受けて大手テレコムでも効率化が加速
・類を見ない都市人口密度の高さによるインフラの高効率性
→国家人口の83%が都市部に集中
・民間資本による技術革新の加速
→韓国政府の命を受けたサムスンによる5Gモバイル通信網の整備
・韓国の国民性
→一度決めたら引き返さない気質が技術革新を後押し
http://www.idgconnect.com/blog-abstract/8960/why-does-south-korea-have-fastest-internet

特に5つ目の「国民性」というのが興味深いですよね。原文では、「When [Koreans] decide on something, they are 100% in」と述べられていました。

韓国では教育のツールとしてITインフラの活用が当たり前になっているので、教育が世界で最も過熱している同国では、教育サービスの向上に通信環境の整備がついて回るのは当たり前のことでもあります。

日本や世界各国の通信サービスの今後を考える上で、韓国における高速インフラサービスは事例として大いに参考となるでしょうね。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  8. 8

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  9. 9

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  10. 10

    格差社会が平和の存続をもたらす

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。