記事

【記者100人の声】山崎 幸恵さん NyoNyum

1/3
青年海外協力隊としてカンボジアに派遣された後、単身カンボジアへ渡り王立プノンペン大学に入学。 首席で卒業後、通訳として活躍し、カンボジア生活情報誌「NyoNyum(ニョニュム)」を創刊。現在は通訳であり会社経営者でもある山崎幸恵さんにお話を伺いました。


Qもともとカンボジアという国に興味を持たれたきっかけというのは何だったのでしょうか?また、カンボジアで活躍される原動力になっている想いなどがあれば教えてください。

子供の時から、メディアで世界の紛争や難民、貧困の様子を目にしてきました。なぜ私たちの生活とこんなにも差があるのだろう。

その理由を知りたい、見たいという興味がずっとありました。同じ地球に、同じ時代に生まれてきた人たちが苦しんでいると知ってしまった以上、何かしなければいけないんじゃないかと幼心に思っていたのです。
カンボジアについては、当時は地雷やポルポトなど負のイメージばかりが報道されていました。衝撃を受けて何かしたいと思う一方、カンボジアは本当にこんなに悪いことばかりの国なのかな?という疑問もありました。

青年海外協力隊の存在を教えてくれたのは、私の子供の頃からの想いを知っている母でした。1994年に青年海外協力隊の日本語教師としてカンボジアに派遣されましたが、任期の途中で病気になり、派遣中止となってしまいました。

それがとても悔しくて、一年後に一人でカンボジアに戻ってきたのです。

一人の人間が一生のうちにできることなんて、本当にちっぽけなものだと思います。私はカンボジアという国に何かの縁があって来れたわけですし、この国で多くの人に出会って、たくさんの感動をもらってきました。

「感動」は「感じて動く」と書きますが、関わってしまった以上、この場所で、自分のできる範囲でやれることであればどんどんやっていきたいな、やっちゃおうという気持ちで動いていたら、それが雑誌や会社という形になり現在に至っています。

Q今や日本人在住者や観光客にとって欠かせない存在となっているカンボジア生活情報誌「NyoNyum(ニョニュム)」を創刊された経緯について教えてください。

初めてカンボジアに到着した私が、飛行場を降り立ち最初に目にしたのは、カンボジア人の小さな女の子でした。空港に来る外国人を見に来ていたのでしょう。

私たちにとってはボロボロに見える服でも、その子にとっては恐らく一張羅であろうワンピースを着て、ネックレスをつけて立っていました。

「可愛いね」と声をかけると、その子はニコッと微笑んだのです。その笑顔がとても印象的で、「ああ、この国はいい国だな」と感じました。

日本で報道されていたカンボジアの負のイメージとは全く違うものがこの国にはあるのではないかと思ったのです。

大学卒業後、フリーランスの通訳として働きながら、田舎の村に行ったり、地雷原に行ったり、エイズになったお母さんに会ったり、いろいろな場所で、多くの人々に会いました。

その度に、マスメディアでは伝え切れないカンボジアの姿を「伝えたい」という思いが大きくなっていったのです。

通訳という仕事も「伝える」仕事ですが、誰かが言ったことを機械的に置き換えて伝えるだけのツールです。

通訳だけでは伝え切れずに不完全燃焼になっている想いを何かの形で吐き出したいと思っていた時に、日本で編集をしていた女性と知り合い、マスメディアでは伝えられないことを扱うミニコミ誌を作ろうという話になったのです。

コンセプトは、観光ガイドでもビジネス書でもなく「生活情報誌」と決めていたのですが、タイトルが決まっていませんでした。

「オークン(ありがとう)」にするか「サバーイ(元気)」にするかなど迷ったのですが、どれもしっくりこなくて。そんな時に、空港で見た女の子の笑顔を思い出したのです。

そうして2003年10月、「ニョニュム(笑顔、微笑み)」が創刊されました。

あわせて読みたい

「カンボジア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。