記事

宇沢弘文の名著「自動車の社会的費用」を読む

 先ごろなくなった経済学者、宇沢弘文の名著「自動車の社会的費用」(岩波新書)を今になって読んでみました。1974年に初版が出てベストセラーとなり、日本の公害問題を考える先駆ともなった本で、気にはなっていたのですが、なぜか読まずに過ごしていました。思うに私がもっとも自動車を活用して活動的だった時代に当っていたので、「言われなくてもわかってる」という感覚があったのでしょう。

 私の家庭生活も仕事も、自動車なしには考えられないほどで、マイカー全盛期の一歩先を行く「早いもの勝ちの快適クルマ時代」を満喫していました。いちばんよく乗ったマツダ・キャロルは、軽自動車なのに四ドア暖房つき、10万キロの寸前まで乗りました。その前に「自動車交通新聞社」の記者だった時代もあるので、自動車のことなら、人よりはよくわかってるという自負もありました。

 本論にもどって、この本が画期的だったのは、自動車が普及してそれを受け入れる社会は、自動車そのものの価格や道路を作る費用の合計ばかりでなく、自動車によって社会生活が変化させられること全体を通して負荷を負うということを、計算可能な経済学の問題として提起した点でした。

 たとえば自動車の交通量が増えて、道路に歩行者のための歩道橋が作られたとします。歩道橋を作る費用が自動車による社会的費用であることは誰にでもわかります。しかし、以前は安全に自由に道を歩いていた人たちには、どうでしょうか。足の弱い老人や、乳母車を押していた母親や、道を遊び場にしていた子供たちには、以前と同じでしょうか。もっと端的には、自動車事故で死亡した人への補償の計算は、生存した場合の所得から計算されますが、人の生命は、経済価値だけで収支が合うものでしょうか。

 こうした間接的な損失や、弱者への負荷の増大、そして大気汚染や振動・騒音による社会環境の悪化、交通安全のための警察や救急医療の拡充のために要する費用などを加えると、自動車の社会的費用は、見た目よりもはるかに大きなものになってくるのです。こうした提言によって、運輸省は、当時の計算として、自動車の社会的費用は、一台当り年間7万円と算出しました。それに対して自動車工業会は、多くの不合理な計算が含まれているとして、一台当り7000円を主張していると書かれています。ちなみに、野村総研の試算では17万円になったということです。

 私がこの本を読んだのは、もちろん「原発の社会的費用」を考えるときのヒントになると思ったからでした。個々の安全対策を積み上げて、それで原発の社会的費用が網羅できるというのは虚構でしょう。宇沢氏は、発明物の普及には、その社会的費用の「内部化」が不可欠であると説いています。得られる利益が、社会的費用をすべて償って余りある場合に、はじめて新技術は許されるというのです。

 原発の社会的費用は、いったい1Kw時当りいくらになるのでしょうか。廃棄物の処理費用は、計算の基礎さえも成り立っていない段階です。再稼働をめぐる不毛な対立は、社会的費用そのものではありませんか。だから切り捨てて稼働を急ぐとしたら、それは経済学の上からも狂気の沙汰なのです。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「客寄せ」だった? イチロー凱旋

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

  4. 4

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  5. 5

    反日運動 背景に韓国人の高揚感

    NEWSポストセブン

  6. 6

    イチローこそ侍JAPAN監督に適任

    門田隆将

  7. 7

    防大生の任官拒否 指揮官が原因?

    天木直人

  8. 8

    楽天が下克上 Tポイントの挽回も

    MONEY VOICE

  9. 9

    パチンコ巡る政府の論理は綱渡り

    緒方 林太郎

  10. 10

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。