記事

働く母は子どもに悪影響を与えるの?──男性学×がん、離婚、小1の壁を乗り越え働く母たち

1/3
画像を見る
左から武蔵大学 社会学部社会学科助教 田中俊之先生、マーケティングプロデューサー 村山らむねさん、シンガーソングライター 松田陽子さん

「子どもを預けて仕事をすることが、子どもにどう影響するのか?」は、育児も仕事も頑張りたい人にとって気になるところではないでしょうか? 育児で仕事を中断した女性の就業を支援する「主婦インターンシップ」の事務局を務める日本財団は、「働く母と子ども~子どもに悪影響ってあるの?」をテーマにトークライブを開催。大企業やベンチャー勤務を経て「小1の壁」に当たり起業したマーケティングプロデューサーの村山らむねさん、がんや離婚、うつ病を乗り越えシンガーソングライターとして活躍する松田陽子さん、男性学の視点から働き方について提言している武蔵大学社会学部助教の田中俊之先生が登壇しました。三人の語らいより「悪影響を与えるかどうかといった理屈ではない」といった本音や、限られた子どもとの時間をどう過ごすかについてのヒントをお届けします。

働きながらの子育ては男性の問題でもある

画像を見る 武蔵大学の田中です。男性学をやっています。女性が働きながら子育てをするときに、女性だけの問題と考えても解決しません。男性の働き方の問題でもあると思うのです。男性が長時間労働をしながら育児も家事もやってくださいというのも辛いのではないでしょうか。

今日は女性ばかりですが、受けて立ちますのでよろしくお願いします。

画像を見る村山らむねと申します。私は男女雇用機会均等法3年生で、89年に東芝に入社しました。31歳で出産し、1年の育休を経て職場に戻ったのですけれど、席がなかったんです。「今日からなんだね!」って課長さんが慌てて席をつくってくれたことがけっこう衝撃でした。

復帰して1年後、「保育園に子どもを預けてやる仕事かな?」と疑問に思っていたところ、ネットベンチャーに誘われ、そこで4年間仕事をしました。

ベンチャーなので子育てしながら働くのは、本当に大変でした。保育園に迎えにいくので早く帰らせてもらうのですが、子どもが寝てから朝の4時ごろまで仕事をしていました。

夫が保育園に連れていったのをなんとなく感じながら起きて仕事に行く。一輪車でジャグリングしているような感じです。とにかく前に進むしかない4年間でした。

子どもが小学1年になるとまさに「小1の壁」にあたり、会社員であることをやめ起業しました。

自由に仕事をしようと思い起業したのですが、やっぱり仕事が楽しくなってしまって、仕事にのめり込むようにして10年間いままで駆け足できました。

今、娘は高校2年生です。どうやって娘と離れていくかというのが最大の課題です。「ママ、ママ」って求められていたのは遠い過去です。求められていた時期は本当に幸せな日々だったのだなとつくづく思います。

今日は先輩ママとして説教臭くならないように気をつけたいと思います。

画像を見る

松田陽子さん:関西外国語大学卒業。イベント制作会社勤務を経て1996年渡米、ニューヨーク、ブロードウェイにてシンガーとしてレギュラー出演。出産後、がん、離婚・うつ病を乗り越え、シンガーソングライター・セミナー講師・MCとして活躍。株式会社 One Planet、NPO法人selfを設立。国連UNHCR協会 広報委員。難民支援や児童虐待防止、子宮頚がん検診啓発など、さまざまな活動を展開。著書に『生きてるだけで価値がある』(サンマーク出版)がある。

画像を見る 松田陽子です。シンガーソングライターです。大阪から来ました。私は27歳のときに結婚をして29歳のときに娘を産みました。娘が1歳半になったときに、たまたま行った検診でがんがみつかりました。

「子宮を全摘出しないといけない。リンパや他の内蔵に転移しているかもしれない。あなたの生きる確率は半々です」といわれました。

結婚生活や育児でとても楽しいはずの時期が、死に直面した過酷な日々となったのです。

子宮をとり子どもを産めない身体になりました。専業主婦でこれからもやっていくのだろうと思っていたのですが、精神的な病気にもなり、生きているのが辛く寝たきりになってしまうこともありました。

いちばん支えてもらいたかった夫とは、すれ違ってしまい離婚しました。

シングルマザーとなって母の元に戻りました。母とは今はとても仲良くやっているのですが、以前は関係がよくありませんでした。幼年期は、母も手をあげるDV環境で育ちました。お互いに愛情表現の仕方がわからないままでいたのです。

しかし、娘を産み育てたことで、母親の思いがわかるようになってきました。かつてはギクシャクしていましたが、娘を守ろうという共通の目標もありとてもいい関係です。

なかなかディープな話かもしれませんが、なんでも答えますので、よろしくお願いします。

画像を見る これからは新しい家族像を考えていかないといけない時代ですね。シングルマザーやシングルファザー、主婦の男性版・主夫もいます。いろんな家庭環境であっても、ポジティブに生きていけるということを伝えていければいいですね。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

  4. 4

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  6. 6

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  7. 7

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  8. 8

    自民党を助ける対案なき万年野党

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  10. 10

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。