記事
  • Willy

警察官は交通違反の取り締まりでドンドン罰金を取っていい

久々にブロゴスを覗いてみたら、日本は交通安全週間だったのようで、大関暁夫氏の「やっぱりおかしい交通取締のあり方」がバズっていた。簡単に言えば「揚げ足とりみたいな方法で交通違反の罰金取るのはけしからん」というご意見で、かなりの賛同を集めている。

しかし、この記事やコメントを見て思うのは、逆に「普通の人の脳内と私の脳内ではこうも視点が違うのだなあ」ということだ。結論は表題の通りである。

別に、私が日本に住んでいないから取り締まりに賛成というのではない。私は米国のミシガン州に住んでいるが、この州の道路、特に高速以外の幹線道路で、沿道に警察署があるような場所では取り締まりの多さは日本の比ではない。時期にもよるが、高速を使わずに通勤すれば多い季節には行き帰り合計で一日平均10台程度のパトカーに遭遇する。おそらくその約半分は取り締まりをしているだろう。また、別の幹線道路では、スピードの出易い取り締まりスポットがあり、そこでは一年を通して、50%近い確率で取り締まりのパトカーに遭遇する。

結論にいく前に、まずは警察のダメ出しを先にしておこう。

まず交通違反の取り締まりが交通安全に資するかどうか、と言えば、はっきり言ってその効果はかなり限定的だろう。広い真っすぐな空いている道路で時速30キロ程度のスピード違反をしたところで、事故のリスクは極めて小さいし、見通しの良い誰もいない交差点で標識に従って一時停止しても、安全とは全く関係がない。看板が立っているのに、それを守らないドライバーが多いのは、それなりに合理的な理由があると考えるべきだろう。

もっと言ってしまえば、方法によっては交通取り締まりは危険を増やしさえする。私は取り締まりの多い道路ではパトカーが前方や分離帯に隠れていないか常にチェックしているので、それだけでも注意散漫になって、パトカーがいない場合に比べ危険だし、パトカーを発見した場合はいち早くブレーキを踏むので追突されるリスクも増している。また、取り締まり後は、路側帯で事情聴取が行われるために、ドライバーの注意がそがれて事故を誘発しやすいし、交通にも悪影響を与える。

さらに、仮に現状の交通ルールが理想的だとしても、それを完全に遵守させるためには警察官が取り締まるのは全く効率的ではない。スピード違反は路上や街灯にセンサーを設置すればほぼ100%取り締まることができるし、警察官を雇うよりも、センサーで置き換えた方が長期的に安く付くのは明らかである。また、交通を阻害する事もなくなる。

センサーで常に取り締まると違反をする人がいなくなって罰金が集まらなくなるから警察官がやるのでは?という推測も正しくない。センサーの稼働時間や取り締まり対象とする車のナンバーを最適化して罰金を課す方が、警察官が場当たり的に取り締まるより、はるかに罰金額を最大化しやすいからである。

それではなぜ私は、それでも警察官による交通違反の取り締まりを支持するのか?その理由は(1)警察が税金で運営されていること、そして、(2)警察業務には繁忙度の変化が激しいことだ。

まず考えてみて欲しいのは、どちらにせよ警察は税金で運営されているということだ。集めた罰金にしても、それは回り回って警察の運営費用に充てられているのと同じである。別に警察官の懐に入っているわけではない。つまり、我々市民の選択肢は「罰金を払うか、払わないか」ではなく「警察の運営費を税金で全て賄うか、罰金を充当して税金を節約するか」の二つなのだ。単純化すれば「一人一律5千円の税金を払うか、税金を払わない代わりに二人に一人の割合で交通違反を取り締まって1万円の罰金を課すか」の二択と言ってよい。私だったら、取り敢えず税金は払わずに、取り締まられないように気をつける方を選ぶ。一万円の罰金など気にしない富裕層は、危険でないと思えば違反をして運が悪い時には罰金を払えばいい。

もちろん集金額を最大化したいだけであれば、道路にセンサーを設置して、一時停止なりスピード違反なりを取り締まればいい。しかし、事はそう単純ではないように思われる。警察は、自然災害や、事故、サミット等の大きなイベント、デモや暴動などがあれば、大きな人手が必要になる一方、平常時には最低限の人員で済むという繁忙度の変化が激しい業務内容になっている。災害や事故が起ってからバイトを急募するわけにもいかないので、平時には大量の余剰人員を確保しておく必要がある。したがって、そうした予備的人員の有効活用という観点から、交通違反の取り締まりで「資金稼ぎ」をする、というのは経営方法として理にかなっている。程度問題ではあるが、例えば、業務を民間に業務委託して利益を外部に流出させるよりも、予備的人員で業務を賄った方が好ましい可能性が高い。仮に取り締まりが明白に事故の減少に結びつかなくても、ルールが恣意的でなく、比較的交通安全に資する方法で行われている限りは、市民の不利益にはならないだろう。

もちろん、大雨で事故が多発、交通が大混乱している時に「今週は交通安全週間だから」などと悠長に取り締まりをしている警官がいれば市民は苦情を入れてよいし、年中、取るに足らない交通取り締まりばかりしている警察官は社会の役に立たないので、そうしたポストは廃止すべきだ。

しかし、多くの国で行われている一見腹立たしい交通違反の取り締まりの多くは、実は警察という特殊な業務のコストを下げるのに貢献しているのではないか。

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  3. 3

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    前環境相「真意伝わっていない」

    原田義昭

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。