記事

政党や性別関係なし!事実なら速やかに安倍さんは小渕さんを斬るべし!!

 ここのところしばらく文春に圧倒されておりましたが、週刊新潮久しぶりのスクープであります。

[独占スクープ]団扇どころの話じゃない! 小渕優子経産相のデタラメすぎる「政治資金」

週刊新潮 2014年10月23日号 これでは、選挙区で団扇を配った松島みどり法相など霞んでしまいかねない。“初の女性宰相"にも擬せられ、鳴り物入りで改造内閣に加わった小渕優子経産相(40)。が、その政治資金の実態は、ひな壇から一気に地底へと堕ちかねないほどのデタラメを孕んでいたのだ。

 ***

 「週刊新潮」の調べで小渕優子議員のデタラメな政治資金の使途が明らかになった。

 それも一件ではない。

 有権者の買収か?ともとられかねない格安での明治座貸切観劇会。年1300万円の政治資金を使って地元後援者を接待か?

 政治資金50万円を使い後援者御一行を東京ドームでの「巨人戦」に招待。

 秘書に買ってあげたオーダーメイドのスーツは“制服代”として計上。

 姉夫婦の経営する南青山のブティックに3年で330万円の売り上げ貢献。パーティーで配る1万円のネクタイを姉夫婦の店で何度も購入。

 地元農家の「下仁田ネギ」4000本を60万円で購入。交際費に計上。選挙区外への贈答用にしても政治資金から支出するのは疑問。地元へ利益をもたらす買収行為なのでは?

 まさにデタラメの見本市というべき有様。当然ながら政治資金のなかには、政党交付金が含まれている。政党交付金の源泉は国民の税金だ。経産大臣の職責よりまず果たすべきは、その経済感覚の矯正だろう。

 事務所への直撃取材、関係者の証言、識者の見解を含む個別の詳報は「週刊新潮」10月23日号でお読みいただけます。

http://www.gruri.jp/article/2014/10161900/

 記事の内容がどこまで真実なのか、ここは小渕優子議員の詳細な説明が待たれますが、記事内容が正しいとしたら、「ひな壇から一気に地底へと堕ちかねないほどのデタラメ」ぶりです、残念ながら小渕優子さんの議員生命は完全にアウトです、おそらく大臣辞任では済みますまい、議員辞職まで至る可能性が大です。

 ネットでは、安倍政権の揚げ足取りうんぬん、女性閣僚の登用へのうんぬんが議論されているようですが、これですね、その次元の問題ではありますまい、政党や性別関係なく、議員としてアウトでしょう。

 小渕優子議員の報告が待たれますが、もし仮にこのスクープ報道の内容が事実であると判明したら、弁明の余地はありません、すみやかに大臣の職を辞し、国会議員の職も辞するべきです。

 これですね、下手に小渕氏の政治生命の延命を図るような姑息な事後対応をしてしまうと、安倍政権の今後に重大な禍根を残しかねません、ことはそれほど深刻だと思われます。

 日本初の女性総理大臣候補の筆頭として、期待も大きかっただけにまことに残念であります。

 全体の規律を守るためには、たとえ愛する者であっても私情を捨て、涙をのんで処分しなければなりません。

 「泣いて馬謖を斬る」です。

 記事内容が正しいと判明したら速やかに安倍さんは小渕さんを斬らなければなりません。

 猶予はありません。

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「小渕優子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。