記事

今また、トルコがクルド人を空爆 イラク北部

リンク先を見るAFPが2014年10月14日、「トルコ政府や国際社会の大半がテロ組織とみなすクルド人武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' Party、PKK)」が拠点とする同国南東部に対し、トルコ軍が13日夜、F16戦闘機による空爆を行った。
トルコの治安当局が14日発表した。
2013年の停戦以来、PKKに対する空爆は初めて。
匿名の情報提供者によると、空爆が行われたのは、住民の大半をクルド人が占めるイラク国境に近い、トルコ南東部ハッカリ(Hakkari)県のダグリカ(Daglica、Dağlıca)村。
」と報じている。

空爆の理由として、「シリア北部のISの進撃を阻止する措置を講じないトルコ政府に業を煮やしたトルコのクルド人社会が前週、トルコ南東部の複数の都市でデモを実施するなか、PKKが11日以降、ハッカリ県ダグリカの警察署を銃撃したため、、」と説明されている。
上の図の黄色い部分がクルド人の分布している地域。
赤い部分が、現在の、イラク領内クルド人自治区。
この地図を編集していたころ、シリアとイラク全土が紛争地になるなど想像もできなかった。
この戦争は、いったいどこまで複雑になるのだろうか? 
参照記事 過去ブログ:2012年8月副大統領も政権離脱か?クリントンの訴え シリア 2011年8月トルコ、クルド紛争再燃 2008年1月イラク北部クルド人自治区と国際紛争(1)修正 2007年12月クルド労働者党(PKK)、闘争の23年間

画像を見る画像を見るここのブログでハッカリの地名を挙げたのは2012年が最後で、その後その付近のPKKは、イラク北部のクルド人自治区へすべて移動したと思っていたが、それはあくまでもトルコと停戦状態にあるだけの話で、PKKはやはり、トルコ東部での分離独立をあきらめてはいないか、クルド人に対するトルコの対応に不満のようだ。
過去、この山岳地のダグリカ(Daglica、Dağlıca)にはPKKの軍事キャンプがあったようで、それは停戦後の今も秘密裏にあるのかもしれない。
このことがまさしく、クルド軍が欧米の支援を受けて軍備増強することへのトルコの憂慮となっている。
だが、すでにISは宣伝ビデオで、トルコを征服し、現政権に終止符を打つと公言している状況で、もしもコバーネでISによるクルド住民の虐殺が起きれば、クルド人は、トルコが目前のクルド人を無視したとして、トルコに牙をむく可能性もあり、そうなれば、トルコは国際的にも非難されるだろう。
映像 過去ブログ:2014年10月イスラム国を導くアラーの予言と終末論

画像を見る画像を見るこのトルコの国内事情が、トルコがシリアのコバーネKobaneで、クルド軍とともにISへの攻撃をためらう大きな要因だろう。
特に分離独立を求めるPKKとは今は停戦状態だが、数十年の間、互いに抗争を繰り返し、トルコは彼らをテロリストと言ってはばから無い。
しかし今、トルコは敵味方を叫ぶのではなく、共通の敵、IS攻略に実戦参加すべきではないだろうか?状況は緊迫している。
断片的なニュースから、コバーネ国境沿いでの打開策を求め、トルコ、欧米、反アサド穏健派、クルド、シリアの間で調整が進んでいるようだ。
恐らく、国境沿いのトルコの制空権の範囲で、トルコ軍を含めた地上軍がシリアのISに攻め込むのではと想像できる。
参照記事 過去ブログ:2013年10月PKK トルコに再度宣戦布告か?トルコ 2013年7月クルド人合同軍がシリア紛争に参戦 シリア

あわせて読みたい

「クルド人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  2. 2

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  5. 5

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  6. 6

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  7. 7

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。