記事

内田樹さんの「格付け」について考えた - 鈴木邦男

 今は「格差社会」だ。我々は格差社会の犠牲者だ。この格差社会を打倒しなくてはならない。
〈格差がどんどん拡大しているから、これを何とかしなければならないという現実的な(あるいは非現実的な)さまざまな提言がなされている〉

 と内田樹さんも『こんな日本でよかったね―構造主義的日本論』で言う。
 その通りだ。格差社会を何とかしなくてはならない。そのための提言がいろいろと出されている。内田さんも独自の提言を出すのだと思っていたら、ちょっと違う。僕らが当然のように言っている「格差」や「格差社会」について、根本的な疑問を提出する。

〈どなたも、「格差がある」ということについてはご異論がないようである。だが、私はこういう全員が当然のような顔をして採用している前提については一度疑ってみることを思考上の習慣にしている〉
 でも、格差はあるし、今が格差社会であることは事実じゃないか。そう思っていたから、内田さんのこの疑問には「エっ?」と思ったし、反発した。内田さんはこう言う。
〈「格差」とは何のことなの? メディアの論を徴する限りでは、これは「金」のことである。平たく言えば年収のことである。年収数億の人もいるし、年収数十万の人もいる。年収が低い階層のヴォリュームがこのところ急増している。パラサイト・シングルというのも、フリーター、ニートというのも、ネットカフェ難民というのも、過労死寸前サラリーマンも、要するに「金がない」せいで、そういう生活様態の選択を余儀なくされている。そういう説明がされている〉
 まあ、そうなるだろう。その説明でいいんじゃないの。と思っていたら、
〈ここから導かれる結論は、論理的には一つしかない。「もっとお金を」である。しかし、果たして、この結論でよろしいのか〉

 そうなるのかな。少々乱暴な括り方だが、これは言えるだろう。でも、その出発点から自分は違うと内田さんは言う。

〈私自身は、私たちの社会が住みにくくなってきた理由のひとつは、「金さえあればとりあえずすべての問題は解決できる」という拝金主義イデオロギーがあまりにひろく瀰漫(びまん)したことにあると考えている。「格差社会」というのは、格差が拡大し、固定化した社会というよりはむしろ、金の全能性が過大評価されたせいで、人間を序列化する基準として金以外のものがなくなった社会のことではないのか。人々はより多くの金を求めて競争する。競争が激化すれば、「金を稼ぐ能力」の低い人間は、その能力の欠如「だけ」が理由で、社会的下位に叩き落され、そこに釘付けにされる〉
 そうか、格差とはそういうことか。年収で格付けされる社会だ。では、どうしたらいいのか。内田さんは言う。
〈その状態がたいへん不幸であることは事実であるが、そこで「もっと金を」というソリューションを言い立てることは、「金の全能性」をさらにかさ上げし、結果的にはさらに競争を激化し、「金を稼ぐ能力」のわずかな人力差が社会的階層の乗り越えがたいギャップとして顕在化するという悪循環には落ちこまないのだろうか〉
 これは、僕らが考えつかない視点だ。だから、問題点はここなのだ、と言う。
〈私は刻下の「格差社会」なるものの不幸のかなりは「金の全能性」に対する人々の過大な信憑がもたらしていると思う。であるなら、「あらゆる不幸は全能の金によって解決できる」という信憑を強化することは、文字通り「火に油を注ぐ」ことにしかならないだろう〉
 ウーン、そうかな。内田さんは、仕事はどんどん入り、お金に不自由していないからだろう。と思ったが、仕事に失敗し、仕事がなくて貧乏だった時代は随分とあったという。でも、金だけを基準にしない。そんな人がいるのか、と思うが、「格付け」が悪いのではない。金だけを基準にする社会が悪いのだ。その証拠に私も自分流の「格付け」をして、人生を生きている、と言う。内田さんのこの発言には驚いた。
〈私自身は人間の社会的価値を考量するときに、その人の年収を基準にとる習慣がない。どれくらい器量が大きいか、どれくらい胆力があるか、どれくらい気づかいが細やかか、どれくらい想像力が豊かか、どれくらい批評性があるか、どれくらい響きのよい声で話すか、どれくらい身体の動きがなめらかか・・・そういったさまざまな基準にもとづいて私は人間を「格付け」している〉
 そうか、これは凄い。そしてハッと気がついた。実は年収以外のもので人は皆、「格付け」している。政治家、作家、スポーツ選手・・・など皆、努力、その結果・・・で「格付け」している。年収などで格付けしていない。
〈私がご友誼をたまわっている知友の中には資産数億の人から年収数十万の人までいるが、私が彼らの人間的価値を評価するときに、年収を勘定に入れることはない。私にとって重要なのは、私が彼らから「何を学ぶことができるか」だからである。同じ基準を自分にも当てはめて、以って規範としている〉

 うん、最後の行がいいですね。「学ぶこと」がないのに、ただお金をもっているだけで高く「格付け」されている人がいる。しかし、その人は〈人間〉でなく、ただ〈金〉として見られているだけなんでしょう。そういえば、皆も「格付け」して生きているはずだ。「人間の器量」や度胸や決断力・・・。あるいは、「やさしさ」「明るさ」で格付けしたり・・・。

 そういえば僕も「格付け」している、と気が付いた。「本を読むかどうか」で(無意識のうちに)人を格付けして生きている。ノルマを決めて本を読んでいる人は偉いと思う。全集に挑戦している人も偉いと思う。思想的、あるいは文学の全集を読んでいるという人、それだけで立派だし、信用できる人だと思う。「本」で人を「格付け」している。それと、自分では出来なかった体験をしてる人。右であれ左であれ、宗教であれ、犯罪者であれ。〈極限〉を見、体験した人を尊敬し、「格付け」している。

 これを読んでる皆だって、いろんなことで他人を「格付け」しているはずだ。それを書き出してみよう。そしてランキングをつけてみよう。年収の多い人間をうらやんでいるよりは、ずっと楽しいはずだ。

あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

  10. 10

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。