記事

緊張感の欠如

衆議院の各常任委員会においても質疑が始まろうとしていますが、その中でも、与党側の、私に言わせれば「慢心した様子」が見て取れます。 例えば、安全保障委員会。江渡大臣が自分の資金管理団体から自らに寄付をしていた問題、21年、24年の計4件の問題。予算委員会で問題の指摘を受け、寄付として受けた時の「仮領収書」を、江渡大臣もこれを出しますと言っていました。

その前提で今日の安全保障委員会はスタートしたのですが、蓋を開けてみると4件のうち2件の領収書のみ。この消極的な対応、私には理解できません。

一方、松島法務大臣。これまで国会などで指摘された「うちわ問題」などについて、「雑音」と述べました。国会での議論は「雑音」なのでしょうか。

緊張感を欠いていると思います。

あわせて読みたい

「政治資金規正法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。