記事

バイラルメディア「Upworthy」、「国連気候変動サミット」のスポンサードページを設置

画像を見る

政治や政策、社会課題の認知向上に務める動画キュレーションメディア「Upworthy(アップワーシー)」。アルゴリズムなどのフィルターによって偏った情報ばかりを得てしまう「フィルターバブル」に対抗するメディアとしても注目を集めています。

少し前の話題となりますが、そんなアップワーシーが9月に開催された「国連気候変動サミット」のスポンサードページを設置していました。スポンサーにはユニリーバ(Project Sunlight)が付き、環境問題を中心としたコンテンツをキュレーションしています。

このページは公開から1週間で1000万人にエンゲージし、1つのコンテンツは平均40万ページビューを記録したとのこと。

カテゴリーにスポンサーが付くという感じが、ハフィントンポストのスポンサードにも少し似ていると思いました。海外では多いかたちですが、日本ではNewsPicksがカテゴリーを販売している例もありますし、注目です。

今回のスポンサードページは、間接的に国連ともコラボレーションしていることになるので、バイラルメディアとしてユニークな事例とも言えそうです。とはいえ、国連は人権領域でバイラルメディアを立ち上げていたりするので、情報発信に柔軟なのでしょう。

画像を見る

最近では、米国務省(United States Department of State)が「ShareAmerica」というバイラルメディアを立ち上げている事例もあります。国連や行政におけるキュレーションの活用も進んでいるようですね。

昨年、「月間読者数4600万人を突破したメディア『Upworthy』がゲイツ財団とコラボーースポンサードコンテンツで世界の健康と貧困を伝える」という記事を書いたことがありましたが、ちゃんとしたパートナーを迎えて社会課題を認知や解決にコミットするアップワーシーのメディアの姿勢はとても好きだなあと改めて実感しました。

(参照)

We Wanted To Draw Attention To Climate Change. So Did You. And The UN. And Unilever. Check It Out… - Upworthy Insider

あわせて読みたい

「Upworthy」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。