記事

ノーベル平和賞はパキスタンのマララさんとインドの人権活動家に

1/3

ノーベル賞の予想は本当に難しい。受賞に相応しい候補者は山のようにいるし、選考過程は50年間、秘密の厚いベールに覆われているからだ。筆者の直前予想記事も思いっ切り間違ってしまった。ごめんなさい。
画像を見る

奇跡の回復を遂げ、英バーミンガムの学校に通うマララさん(マララプレス事務所提供)

ノルウェーのノーベル賞委員会は10日、2014年のノーベル平和賞を、イスラム過激派の脅しにもひるまず、女の子にも平等に教育を受ける権利をと訴えているパキスタンのマララ・ユスフザイさん(17)とインドの人権活動家カイラシュ・サティアルティ氏(60)に授与すると発表した。

マララさんは平和賞史上、最年少の受賞。昨年から最有力候補の1人に挙げられていたが、ノルウェー公共放送局NRKは発表直前まで、若さが受賞のネックになっているという予想記事を掲載していた。

インドのサティアルティ氏は完全なダークホースだった。2人への同時授賞発表でノーベル賞委員会は、カシミール地方の帰属をめぐり激しく対立するパキスタンとインドの関係改善を呼びかけた格好だ。

ノーベル賞委員会はヤーグラン委員長が就任してから、オバマ米大統領(2009年)、中国の人権活動家、劉暁波氏(翌10年)、欧州連合(EU、12年)と世界的に目を引く選考が増え、オバマ大統領やEUへの平和賞授賞には「本当に必要なの」と首を傾げる向きも多かった。

しかし、マララさんへの授賞は劉暁波氏への授賞と同様、非常に意義深いものだ。今回の選考は、国際社会が子供の教育環境を改善していくことを通じて貧困問題に取り組んでいく意思を明確に示しているからだ。マララさんとサティアルティ氏への同時授賞を心から歓迎したい。

ヤーグラン委員長は授賞理由について次のように語っている。

「子供たちには学校で学ぶ権利が与えられている。経済的に搾取される対象であってはならない。ノーベル賞委員会は子供や若者に対する抑圧をはね返し、子供が教育を受ける権利のために闘っている2人に平和賞を贈る」

「ノーベル賞委員会は1人のヒンズー教徒と1人のイスラム教徒、1人のインド人と1人のパキスタン人が、子供たちが教育を受ける権利を擁護し、過激主義に反対していくという1つの共通した運動に加わっていることを重く見た」

「貧しい国々の人口の6割は25歳未満。現在、労働搾取されている子供たちは世界中で1億6800万人。2000年より7800万人減った」とヤーグラン委員長は言う。

今年は過去最多となる278の個人と団体が候補となり、通常5~6回開かれる選考の会合は7回にも及び、最後までなかなか意見の一致をみなかった。しかし、最後はマララさんの勇気がノーベル賞委員会の5人の委員を動かしたようだ。

1冊の本、1本のペンが世界を変える

今年4月、ナイジェリアで300人近い女子生徒がイスラム過激派「ボコ・ハラム(西洋の教育は罪)」に拉致された。マララさんはナイジェリアを訪れ、同国のジョナサン大統領に「あらゆる手を尽くして女子生徒を取り戻して」と訴えた。しかし、その多くはまだ解放されていない。

「みんなで本とペンを手に取りましょう。本とペンは私たちの最も強力な武器です。1人の子供と1人の教師、1冊の本、1本のペンが世界を変えることができるのです」

“Let’s us pick up our books and our pens. They are our most powerful weapons. One child, one teacher, one book and one pen can change the world”

奇跡の回復を遂げ、英バーミンガムの学校に通うマララさん(マララプレス事務所提供)

マララさんは昨年7月、16歳の誕生日に国連に招かれ、教育の力を訴えた。聴衆は400人だったが、マララさんは数百万人の子供たちを思い浮かべていた。

何者も恐れない凛とした訴えにスタンディングオベーションが鳴り止まなかった。「教育が一番大切です。すべての子供に教育を受ける権利があります。教育はすべてを変えることができるのです」

マララさんは国連で演説する際、イスラム圏初の女性首相で2007年12月、パキスタンの首都近郊ラワルピンディで自爆テロにより暗殺されたベナジル・ブット氏の遺品である白いショールを身につけていた。

12年10月、パキスタン北部スワット・バリーでイスラム原理主義勢力「パキスタン・タリバン運動(TTP)」の若者に銃撃されたマララさんは英バーミンガムのクィーン・エリザベス病院に入院していたとき、ブット元首相の遺族からショールをプレゼントされた。

マララさんがショールに顔を埋めると、ブット元首相が愛用していた香水の匂いがした。ショールにはブット元首相の長い黒髪が1本残されていた。

あわせて読みたい

「ノーベル平和賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  4. 4

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  5. 5

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  6. 6

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  7. 7

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  8. 8

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  9. 9

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

  10. 10

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。