記事

STAP細胞騒動が投げかけたもの 生命科学に未来はあるか? 『噓と絶望の生命科学』 (榎木英介 著)

STAP細胞をめぐる騒動はおそらく、多くの人たちにとって信じがたいものだったのではないだろうか。30歳の「リケジョ」が画期的な研究成果を出したとして、日本中がその業績を讃えた。その内容は、血液の細胞を弱酸につけると「万能細胞」ができるという革新的なものだったが、論文に不正が見つかると、世論はたちまち牙を剥いた。報道は過熱し、ついに自死者まで出ることになった。 問題がここまで大きくなった原因のひとつ...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。