記事

STAP細胞騒動が投げかけたもの 生命科学に未来はあるか? 『噓と絶望の生命科学』 (榎木英介 著)

 STAP細胞をめぐる騒動はおそらく、多くの人たちにとって信じがたいものだったのではないだろうか。30歳の「リケジョ」が画期的な研究成果を出したとして、日本中がその業績を讃えた。その内容は、血液の細胞を弱酸につけると「万能細胞」ができるという革新的なものだったが、論文に不正が見つかると、世論はたちまち牙を剥いた。報道は過熱し、ついに自死者まで出ることになった。

 問題がここまで大きくなった原因のひとつには、筆頭著者や共著者の所属機関であった理化学研究所(理研)の対応の危機管理対応のまずさがあった。しかし、より本質的な問題は、むしろ生命科学研究を取りまく構造にある。その問題意識からSTAP細胞騒動の背景に切り込んだのが『噓と絶望の生命科学』だ。発売から2ヵ月が経過し、賛否を含め様々な反響が寄せられているが、まずは本書の内容を少し紹介させていただきたい。

 そもそもSTAP細胞をめぐってセンセーショナルに報じられた研究不正とは、何も今に始まったものではない。いろいろな分野で発生しているものの、その発生数は医学、生命科学の分野、いわゆるバイオ系が多い。東京大学の加藤茂明教授の事件や韓国のファン・ウソク博士の捏造事件、ノバルティス ファーマの高血圧治療薬「ディオバン」をめぐる論文データ不正問題、認知症研究「J-ADNI」をめぐる不正事件などが相次いでいる。

 その背景には、若手研究者たちの奴隷のような労働実態をはじめ、研究費の獲得競争激化や、未熟で自己流の研究者が多数生み出される教育なき研究室、さらには大学院重点化で大量に生まれた漂流する博士たちの存在がある。それに何より、iPS細胞をはじめ、バイオ分野が成長産業として過剰に期待される現実もある。

過酷な生命科学研究の現場

 私は現在、顕微鏡で病変部の組織をのぞいては患者さんの病気の原因や進行具合などを診断する病理医だが、それ以前は、生命科学の研究者を本気で志していた。生命現象の圧倒的な多様さと不思議さに魅せられ、カエルの卵からどうやって手や足ができるのか、そのメカニズムを解き明かす発生学を研究していた。

 ところが、現実は甘くはなかった。若手研究者たちは、研究室主宰の教授のもと、朝から翌朝まで研究を続ける毎日。生命科学の研究はほかの科学とは違って、生き物相手の細かい作業が連続で続くために、なかなか機械化することはできない。やればやるだけ成果が出るという労働集約的な側面もある。最初の段階ではひらめきやインスピレーションも必要だとはいえ、いったん研究の方向性を決めてしまえば、あとは手を動かすだけ。教授やボスなどは実績を出そうと、部下となる若手に圧力をかける。その生活はまるで奴隷のようで、終わりがない。

 さらに、ちょうど私が大学院博士課程に進んだ頃から大学院重点化の影響で博士号取得者は増えるが、その後のポストがないというポスドク問題が現れはじめた。若手研究者たちは奴隷から抜け出そうと論文執筆に追われ、研究室のリーダーもまた、研究費獲得のために論文執筆に追われる。そうして、いつしか論文雑誌に掲載されることが目的化する――。

 STAP細胞をめぐる騒動には、この「激化する競争サイクル」にはおさまらない側面があったのも確かだが(小保方氏はユニットリーダーで恵まれた立場にあった)、とはいえ、生命科学研究をめぐる問題が象徴的に現れていたともいえる。研究不正が起きる構造的な要因を放置すれば、いずれまた第二、第三のSTAP細胞問題が起きるだろう。iPS細胞に大きな期待が寄せられるように、科学は決して研究に携わる科学者だけのものではない。本書では問題の分析のみならず、今後の大学や研究のあり方を含め、未来へ向けての提言もさせていただいた。ぜひ、科学ニュースを読み解くための手引きとしても本書を読んでいただけたらと思う。

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  3. 3

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  7. 7

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  8. 8

    新立民に目新しさがないのは当然

    川名 ゆうじ

  9. 9

    菅首相の庶民派イメージは偽りか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。