記事

【命取り】 勘違いに御注意を!!!

最近、というかこの2~3年の間で、実に多くの日本人がここカンボジアに来る様になりました。

私が約7年前に最初にプノンペンに来てまず思った事は、こんなに日本車が走っていて、橋も道路も港もほとんどのインフラを日本が作っていながら、「何で日本人がこんなにいないんだろう?」という事でした。
私が最初に住んだエリアを管轄する警察官に聞いたら、「半径500メートル以内にお前以外に日本人はいないよ。」と言われたくらいです(笑)。

最初にシハモニ国王に謁見した時(約7年前)には、「もっと日本企業をカンボジアに連れて来て下さい。」というお言葉を頂きましたけれど、二回目に謁見した時(約3年前)には、「あなたの事は覚えてますよ。これからは貧しい人への支援をお願いします。」というお言葉を頂きました。

今ではカンボジアに進出してきた日本企業は大小様々数百社、プノンペンの大概の所に行っても日本人を見かけます。
たった数年の間に隔世の感がありますね。


でもって最近、日本人がカンボジアに沢山やって来てあちこちで色々な事をやり出しているらしいのですけれど、ほとんどの日本人はカンボジア人の性格やルール、ビジネスマナーを知らないで動いている人が多いなと感じています。実に危ないです。

早い話、勘違いしている日本人行儀が悪い日本人が結構いるという感じですね。
特に、自分で事業を起こす訳でもないブローカー連中にその傾向が顕著です。

まあ自分で勝手に絵を描いて勝手に潰れる分にはいいのですが、人に迷惑を掛けるのはやめてもらいたいですわ。実力も能力も無いのに首だけ突っ込んで来て、引っ掻き回すだけ引っ掻き回してダメにする。
本当に迷惑なんですよ。

ワザワザ言いたくはないのですけどね、日本人であればカンボジアでは案外簡単にお偉いさんに繋がる事が出来るのですよ。日本人は金づるになると思っているからでしょうか?みんなかなりヨイショしてくれます(笑)。
とにかくこれを勘違いする人が多い。

まず考えてもらいたいのですが、自分自身が能力ノウハウや資金が有るならともかく、単なる知り合いとか友人とかいうだけで、そのお偉いさんが一生懸命に動いてくれると思いますか?彼らだってそんなにヒマでは無いですよ。
最初はよく分からないので調子のいい事を言ってくれると思いますけれど、やはりブローカーにはブローカーの扱いしかしないのですよ。ノウハウや資金が無い人には当たり前ですね。

私はカンボジアに来てからずっとカンボジア中を動き回っているおかげで、実に色々な経験をさせてもらっていますけれど、良い事も沢山有りましたが、痛い目に遭った事も物凄く多いのです。途中でハシゴを外されたり、失敗した案件の全部の責任を背負わされたりとかね。

資金を持っていない私が失敗を沢山経験して思ったのは、『自分が絶対に外されない存在になるしかない!』という事です。もっと簡単に言うと、『ノウハウやスキルを持つ』という事です。
もちろんそれを証明する、目に見える『実績』を作る事が重要ですね。

例えば今、カンボジア国内で私に何かあったら、すぐにスッ飛んで来て助けてくれるお偉いさんや有力者は沢山います。私は今までそれだけの事をして来ましたし、現在進行形で彼らのビジネスで欠かせない立場にいるからです。
今までにも、お偉いさんの取り巻きや政府高官の顧問とかいう肩書を持った詐欺師連中などとケンカして何度も脅迫されて来ましたけれど、今もこうやってカンボジアでのうのうとやって行けるのもこのためです。


折角なので一つ、カンボジアでビジネスをやっていく上で絶対にやってはいけない事をお教えします。

カンボジアでは、たとえ会社同士の取引であっても、その案件に関わる事は全てその窓口になった担当の個人的な手柄(と利権)と認識されます。
なので、例えば返事が遅いからといって同じ会社に対して他のルートでアクセスしたり、その最初の窓口の人を飛び越えて他の人に話をしたら大問題になってしまいます。
カンボジアは日本と違い、いい情報(=金になりそうな話)ほど組織の内部で共有化せず個人が抱えるので、他の人にもその話をしているなんて事が表沙汰になったら、組織の内部で対立が起こってしまいます。当然、利権のルートから外されそうになった人は物凄い抵抗と邪魔をします。
結局最後には、「日本人はカンボジアのルールを分かっていない!」「俺達をバカにしているのか!」となって、全部を敵に回してしまう事になります。つまり、内部対立を納めるための共通の敵・スケープゴートにされるのですね。
とにもかくにも、『同じ案件を複数のルートに当たる』というのはカンボジアでは重大なマナー違反なのです。こんな場面で変に力を示そうとすると、収拾のつかない事態になってしまいます。
当然、これと同じことを政府のお偉いさんなどにやったら目も当てられません。
ヘタすると、カンボジアに居られなくなるかもしれませんよ。

まあこんな事は、長年カンボジアに住んでいる人ならみんな知っている事なんですけれどね。というか、こういったカンボジアのルールやマナーが理解出来ない人は結局いられなくなって消えていくと言った方が正しいですね。
その国にはその国のルールがあり、その町にはその町のルールがあるのです。

私の先輩が凄くいい事を言ってくれました。
日本人の目から見て、その国の文化・習慣・常識・ルールがどんなにおかしな物でも、それを受け入れ尊重するのが他の国に住む最低限の礼儀だ。
全くもってその通りです。
しかし、それが出来ない日本人は非常に多いです。そしてそんな人の大半が失敗して去っていきます。
郷に入っても郷に従う気が無い人は、その国の人達が受け入れてくれる訳が無いので当然ですね。

話を戻しまして、相当な能力や資金力が無い限り、ブローカーがお偉いさんとの薄いコネを利用して、1年や2年そこらでカンボジアで上手くやろうってのは難しいという事です。まあ、痛い目に遭わないと分からないとは思いますが(笑)。

どこの国でも同じですけど、付き合ってメリットがあると思える間は誰もが大事にしてくれます。カンボジアではそれが顕著なだけです(笑)。
でもそんな薄い付き合いでは、金の切れ目やハッタリの切れ目が縁の切れ目になります。(爆!)

謙虚な人は案外失敗は少ないのです。
己の力も知らずに『自分は偉い人と繋がっているから何でも出来る!』と勘違いしている人が多く、そういう人は平気で人に迷惑をかけます。
その人に魅力があれば、お偉いさんと仲良くはできるのでしょうけど、何か形にするノウハウが無ければ単なるお友達で終わってしまいますね。それはそれで楽しいとは思いますが(笑)。

カンボジアでは、残念ながらビジネスの仕組みを組み立てたり、新しい事をやるためのノウハウを持っている人が余りいなかったりするので、我々日本人にはそれらを補う役割が期待されますが、それが出来ない単なるブローカーでしかない人がカンボジアで重く見られることは当然ありません。
カンボジアに進出してきている日系企業で、上手く行っている所は1割もないと言われています。どこも大概お偉いさんと関係があるハズなんですけれどね。その辺の事をよく考えて欲しいなと。

ちなみに、偉い人のコネや力添えを得ずに地道に着実にやっていくというのも一つのノウハウであり実力の一つです。これも理解していない人が多い様ですね。実際の所、自分の持てるノウハウをベースに着実に積み重ねた経験と実績に勝るものはありません。
カンボジアに限らず、結局の所、地道に経験や実績(=信用)を積み重ねて行く事が確実な成功への道だと思います。これらの経験や実績や信用を全部合わせて実力と言うのでしょう。

大事な事なのでもう一度言います!(笑)
お偉いさんと知り合いになるくらいでは全く意味がないのです。
それよりも、知り合いになった後に自分が何をするかand 何が出来るかが重要なのです。

そもそもお偉いさんと繋がって、その人のフンドシを借りて商売をしようなどと思う方が思いあがりではないでしょうか?
でも思い上がってしまって勘違いしてしまう日本人が多いのですよね。実は私も最初はそうでしたからよく分かります(笑)。
何度か痛い目に遭ってようやく深く理解しました(泣)。

最後に、偉い人と繋がっている事をエラそうに言われている人にお聞きしたいのですけれど、お偉いさんと付き合って不幸にしてトラブルになったらどうするのですか?
相手は権力者です。日本では考えられないような力を持っています。
一方、こちらは権力も無いし、法律も無力です。相手と反目になった場合には日本人には手も足も出せない可能性が高いのです。
唯一対抗できるのは『お金の力』ですが、少々のお金持ちではどうにもなりません(トラブルの程度にもよりますが)。

お偉いさんとお付き合いする際に、最悪の事態になったらどうなるかまで考えてますか?
思わぬ勘違いがシャレにならない事になりますよ。


という事を肝に命じて頂けたらと思います。 他にもカンボジアでやって行く上でのルールとか習慣とかその他諸々などが色々ありますけれど、機会が有ればその内に御紹介したいと思います。

全然関係ないのですけれど、つい先月、「今月は沢山走ったからボチボチ車のオイル交換をしないとイカンな!」と思ってメーターを見たら、1ヶ月半で9000kmも走っていました(笑)。
いつも行く整備工場で、「一体どういう乗り方をしたらこうなるのか?」とまたしても言われてしまいましたよ(笑)

あわせて読みたい

「カンボジア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  3. 3

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  5. 5

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  6. 6

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  7. 7

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  8. 8

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  9. 9

    自民党内で広がる石破茂氏推す声

    SmartFLASH

  10. 10

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。