記事

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹作品が米国ベストセラーを総なめ

 村上春樹が13作目の長編小説、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)を発表したのは昨年4月12日。前夜には深夜営業の書店に長蛇の列ができ、発売1週間で8刷100万部を突破するなど、圧倒的な人気を博したことは記憶に新しい。

 同書はその後、英・仏・独語はもとより、スペイン語、イタリア語、中国語、韓国語、はたまた、カタルーニャ語やセルビア語にまで翻訳されて現在世界各国で刊行中だ。

 とりわけ英語圏では、この夏、快進撃ともいえる売り上げを見せた。

 英語版(タイトル/『Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage』)の発売は、夏の只中、8月12日のこと(アメリカはKnopf刊、イギリスはHarvill Secker刊)。

 ロック・ミュージシャンのパティ・スミスは、発売直前の8月5日、「ニューヨーク・タイムズ」紙に、

「上の世代の人々が、ビートルズやボブ・ディランの新譜をレコード店に並んで待ったように、(現代の)読者は村上の新作を待ちこがれる」

 と書き、翻訳者のフィリップ・ガブリエル(アリゾナ大学教授)は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙の取材に応えて、

「現代社会の不確かさを描写する著者の筆力は、日米の国境を越えて読者に訴える」

 と語ったが、彼らの指摘どおり、ニューヨークやロンドンなど諸都市の書店では、発売前夜にハングアウト・イベントを開催、多くの読者がつめかけた。ロンドンにいたっては、王立オペラ劇場やテート・モダン、書店周辺の壁面に、本の表紙をプロジェクター投影し、発売開始の0時をカウントダウンするほどの盛り上がりを見せたという。

 そんな同書が、欧米をあっと言わせたのは8月21日。ロイターが、発売9日目にして「全米ハードカバー・フィクション部門/ベストセラー第1位」と伝えたのだ。ちなみに、それ以前の3週にわたりトップの座にあったのはロマンス小説の売れっ子、ダニエル・スティール著の『パーフェクト・ライフ』だった。

 好調はその後も衰えず、8月31日と9月7日には、「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー・リストのハードカバー・フィクション部門で2週連続第1位。「ロサンゼルス・タイムズ」のベストセラー・リスト同部門では、8月31日からなんと4週連続でトップを堅持した。

ノーベル文学賞の最有力候補と報じる新聞も

 パティ・スミスは「ニューヨーク・タイムズ」紙上の記事(前出)で、「従来の読者だけでなく、初めて村上作品を読む人にも適した小説」と評し、さらに以下のように論じる。

「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は、一見、『スプートニクの恋人』や『ノルウェイの森』と近しい小説のように映るが、実際にはそうではない。また、本書には『1973年のピンボール』のようなエネルギッシュな情感も、傑作『ねじまき鳥クロニクル』のような多次元構造も見られない。小説の随所にかすかに香るリアリズム、とくに夢を通じてのそれは『1Q84』に、音楽への深い敬意と儚く危うい世界観は『海辺のカフカ』に通底するものである」

 アメリカでは他に、「ワシントン・ポスト」「フィナンシャル・タイムズ」「シカゴ・トリビューン」の大手紙、「ニューヨーカー」「ザ・アトランティック」などのクオリティ誌、それに「マイアミ・ヘラルド」や「セントルイス・ポスト=ディスパッチ」といった地方紙までが軒並み書評を掲載。まさに全米制覇の感があった。

 一方、イギリスでは老舗の「ガーディアン」紙(8月6日)が書評の冒頭から、「ジョン・アップダイクと村上春樹と“スエーデン産の勲章と小切手”」を三題噺風に展開。

――「自身は生涯受賞できない運命なのではと危惧していたジョン・アップダイクは、『Bech at Bay』(1998年)で著者の代理ともいえるヘンリー・ベックに、“スエーデン産の勲章と小切手”」を受賞させた」が、村上春樹の新作には、同賞でも「『もらわない限り金持ちになれない』と嘆く物理学の学生が登場する」。

“スエーデン産の勲章と小切手”とは、いわずと知れたノーベル文学賞のことである。

「ガーディアン」の書評は最後に、村上春樹の「ノーベル賞受賞が、アップダイクのごとく著者の小説の中だけにとどまるとしたら、とてつもなく残念」と締めくくり、10月9日に発表される本年度のノーベル文学賞にふくみをもたせた。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の「ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リスト」最新順位は14位。「USAトゥデイ」紙が「ノーベル文学賞の最有力候補者」(8月23日)と評した著者に、この秋、“スエーデン産の勲章”は授与されるのか?

 事の次第によっては、同書がベストセラー・リストのトップに舞い戻る日も近い。

あわせて読みたい

「村上春樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。