記事

ライブ・ネイション、大型音楽フェス「ロラパルーザ」運営プロモーターの株式取得で交渉中

画像を見る

世界最大のイベントプロモーション企業「ライブ・ネイション」が、大型野外音楽フェス「ロラパルーザ」と「オースティン・シティ・リミット」を運営する、アメリカ最大の独立系プロモーターC3 Presentsの株式過半数を取得する交渉を進めていると、ニューヨーク・タイムズがレポートしています。

情報によると、ライブ・ネイションはC3 Presentsの株式51%を約2億5000万ドル (約272億円)で取得し、筆頭株主となる交渉を数ヶ月続けているとのことです。

2007年に創業されたC3 Presentsはテキサス州オースティンに拠点を置くプロモーション企業で、全米規模でのフェスやイベントの企画運営の他に、アーティストのマネジメントを手がけています。業界紙Pollstarによると、C3は2013年に200万枚以上のチケットを販売し総売上は最低でも1億2400万ドル(約135億円)に達したと伝えています。

C3共同運営者の一人チャーリー・ウォーカーは以前ライブ・ネイション音楽事業の社長を務めていた人物です。

C3 Presentsは現在米国でライブ・ネイション、AEG Liveに続く米国第3のイベントプロモーターです。

ライブ・ネイションは昨年からアグレッシブな買収戦略を強め、EDMイベントプロモーターのHARD、Insomniac、Creamなどの株式を取得してきました。

ロラパルーザ」は1991年にジェーンズ・アディクションのペリー・ファレルが始めたアールミックスの音楽フェスで、現在は毎年7月最終週にシカゴで開催している大型フェスです。現在はシカゴの他にブラジル、チリ、アルゼンチンに進出、海外でのプレゼンスを強めています。

オースティン・シティ・リミット」は10月にテキサス州オースティンにて開催される大型フェスで、昨年は5日間で37万人を動員、売上3210万ドル(約34億円)をたたき出しています。

ソース
Live Nation Seeks Deal For Stake In Promoter (10/6 NYTimes.com)

あわせて読みたい

「企業買収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。