記事

叙情的かつ情緒的なNHKスペシャル「ドキュメント"武器輸出"防衛装備移転の現場から」

NHKスペシャル
ドキュメント"武器輸出"防衛装備移転の現場から
http://www.nhk.or.jp/special/
再放送:2014年10月9日(木)午前0時40分~1時29分(8日(水)深夜)

番組のURL
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/1005/
初回放送: 2014年10月5日(日) 午後9時00分~9時49分

 昨日の放送でしたが、堀地装備政策課長を軸に据えたことは慧眼でしょう。また、あれこれよく取材しているところもあります。
 ですが、兵器輸出を「兵器輸出ってなんとなく嫌だね」という情緒的に捉えており、全体に堀地課長の後をカメラが追っかけていくだけという叙情的な作りになっており、残念な仕上がりになっておりました。
 「武器輸出って怖いよね、ヤバイよね」的な印象操作、世論操作を狙ったようにも思えました。

 舞台はフランスの軍事見本市「ユーロサトリ」が中心でしたが、日本パビリオンがまるで政府が出しているかのように紹介されておりましたが、 実は政府は一円も出しておりません。 非常に誤解を受ける作りです。
 他国では政府がパビリオンを出し、出展社(特に中小企業)に出展料やホテル代・航空券代を補助するのは当たり前の話です。無論今回日本企業はそのような補助を受けておりません。

 実は制作側は「ユーロサトリ」以前にぼくに接触したかったのですが、例のNHK政治部の鈴木徹也記者の因縁問題があり、とても協力は得られないだろと諦めていたとのことです。

『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在①
http://japan-indepth.jp/?p=1135
[清谷信一]『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在②
http://japan-indepth.jp/?p=1135

 ぼくはそれはそれ、これはこれで、別に協力しないなんてつもりは無かったので、「ユーロサトリ」の現場ではNHKの取材チームあれこれ協力したのですが、残念ながら番組にはあまり反映されていなかったようです。

 番組ではもしかして「自社製品が人殺しに使われるも知れない」という割り切れない思いや、ミサイル部品メーカーの迷いとか、輸出元は三菱重工になるので自分たちは関与できない的な「弱者」的あるいは「被害者」的な面を強調しているように思いました。

 デュアルユース製品の問題について、番組では赤外線レンズメーカーを取材しているのですが、その会社が中国にも輸出しているというころで終わっておりました。

 デュアルユースであればまずその代表選手、ソニーを取材すべきでしょう。

 ソニーのCCD素子はベトナム戦争以来、近年のグルジア戦争やら、イスラエルの軍事行動など世界の戦場で多々使用されてきました。ソニー製品はロシアや、イスラエル、中国、セルビアなど紛争等当事国あるいは、怪しげな国に平気で輸出する国々に輸出されております。

 ぼくは「ユーロサトリ」の会場でNHKのスタッフにその顕著な実例として、セルビアのミサイルを紹介し、彼らはその映像も撮影しておりました。また多くのセンサーポッドを作っている企業は同社の製品を使っていますから、現場で取材もできたはずです。

 ソニーの本社にCCD素子の兵器転用に関して取材でもすれば、さぞや面白い番組になったでしょう。それをやらなかったのは、ソニーはNHKと共同で撮影機材などを開発しているからかなあ、などと勘ぐったりもなります。

 結果として何が言いたいのかよくわからないが、「兵器輸出怖いよね」な、番組になっています。

 我が国の兵器が他国の3~8倍もするほど高価であり、しかも市場でも実戦でも使用されていなし、開発費も試験費用も少ないので実用性が怪しい。更に言えば、装備調達予算は年々減っており、この傾向が続けば国内の軍需産業基盤がなくなるだろうということです。

 輸出が悪いというのであれば、このような現状を是とすることになります。また輸出はダメだけど輸入はOKなのでしょうか。「外国の死の商人」を肥え太らせることは是なのか、と。
 まあ、例えば悪いですが「売春」で売るのは悪くて、買うのは良いのか、と。

 それとデュアルユースに関して、日本企業にしか製造できないような製品を中国にも「汎用品」でございと売りまくるのことが是とされるのか。番組として主張すべきだったと思います。

 番組では「汎用品の輸出はなくとなくヤバくね?」的な話で終わっておりますが、輸出してOKな国とまずい国を峻別すべきというような主張をして良かったのではないでしょうか。

 まあ印象操作や世論誘導が目的ならば話は別ですけども。


軍事・航空宇宙の専門サイト始めました。
「東京防衛航空宇宙時評・Tokyo Defence & Aerospace Review」
http://www.tokyo-dar.com/

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
http://toyokeizai.net/articles/-/47994

結論ありき」で高額な兵器を調達する怪
防衛省概算要求に隠された問題<前編>
http://toyokeizai.net/preview/dd9c698dc49dbfafe1fdddad129294461604ead0

あわせて読みたい

「武器輸出三原則」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。