記事

「正社員での就職を希望したが果たせず」 大卒後1年間「非正規」で働く若者の65%

学校を卒業した若者たちは、その後どのような経緯をたどっているのか。厚生労働省が9月25日に発表した「平成25年若年者雇用実態調査の概況」を見ると、実態の一端が理解できそうだ。

調査によると、最終学校卒業から1年間、学校に在学していない若年労働者の内訳は、「正社員として勤務した」が69.7%と最も多い。つづいて「正社員以外の労働者として勤務した」が24.8%、「働いていなかった」は4.8%だった。学歴別では、大卒では正社員勤務が78.2%、非正社員が17.9%、無職が3.6%だった。

「正社員の内定もらったが就職せず」は7.4%

調査は、満15~34歳の労働者を対象に実施。大学を卒業して1年間「非正社員(=非正規)」で働くに至った理由について尋ねたところ、「正社員求人に応募するも採用されず」と答えた人が45.3%とダントツで多かった。

次に多かったのが、「自分の希望する企業で正社員求人がなかった」と答えた人の12.2%。正社員としての採用を希望していたものの、最終的には雇用形態より働きたい職場を優先したということだろうか。

「正社員内定はあったが、希望条件に合わなかったので就職しなかった」という人も7.4%と意外に多い。選考の過程で「ここはブラック企業っぽいな。入ったらマズイな」と察知して、内定を辞退した人たちがそれだけいるということになる。

この3つの回答を合計すると64.9%。「元々正社員を希望していなかった」人も4.5%いたが、正社員での就職を希望したものの叶わず、やむなく非正社員として働く人がかなり多そうだ。

企業と就活生のマッチングがうまくいっていないことが考えられるが、果たしてその原因は就活生が希望する条件のハードルが高すぎるのか。それとも、企業が就活生を選り好みしすぎているのか。あるいは、いまどきの就活生の希望を満たせるまともな企業が少なすぎるのか。

あわせてよみたい:すき家の代わりになか卯がワンオペ

リンク先を見る まだ、都会で貧乏やってるの?
  • 発売元: 学研マーケティング
  • 価格: ¥ 1,458
  • 発売日: 2014/08/19

posted with Socialtunes





関連記事

あわせて読みたい

「非正規雇用」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。