記事

衝撃の映画『日本鬼子』について覚悟して語ろう - 鈴木邦男

 「この映画は2回見る必要はないんです。1回でいい。だけど1回見て事実はこうだと知ってほしい」と監督は言っていた。14年前、この映画が公開された時だ。「残酷すぎる」「自虐的だ」「暗すぎる」と酷評する人が多く、それに対し監督が答えたのだ。映画のタイトルからして凄い。衝撃的だ。『リーベンクイズ(日本鬼子)日中15年戦争・元皇軍兵士の告白』だ。監督は松井稔さん。2000年に公開された。

 「リーベンクイズ」という言葉は初めて聞いた。映画のチラシにはこう書かれていた。〈リーベンクイズとは、「日本鬼子」の中国語読みで、蛮行を重ねた日本兵たちへ向けた言葉であり、最大の蔑称である〉。さらにこうも書かれている。

 〈強姦、試し斬り、非道な拷問、井戸に落とした母子めがけて手榴弾を投げ込み爆殺、七三一部隊による生体実験、中国人を使った人間地雷探知機、人肉食、細菌化学兵器……。あらゆる加虐行為を「実際の戦争を伝えたい」という痛切な思いで加害者(元日本軍兵士14人)自らが勇気をもって告白する。この国の未来を占う上でこの映画を避けては通れない!〉

 「避けては通れない」と言っても、とても見る気にはならなかった。ところが、「松井監督と対談しませんか。それを映画のパンフレットに載せたいのです」と言われた。「何で僕が?」と思った。もしかしたら、大喧嘩になるかもしれない。「何だ、この自虐映画は!」「許せん!」と、乱闘になるかもしれない。とても映画パンフレットにはならない。でも、そんな危険をおかしてでも僕を引っぱり出したいのか。その「勇気」に応えなくては、と思った。考えてみたら、こっちだって危ない。たとえ激論になったとしても、この映画の監督と対談しただけで、右翼の仲間たちからは批判、罵倒されるだろう。「自虐映画の宣伝に利用された!」「やっぱり鈴木は反日だ!」……と。下手したら、襲撃されるかもしれない。殺されるかもしれない。でも、映画を作った人たちは命をかけている。証言した14人も、「これで殺されてもいい」と覚悟を決めているのだろう。僕だけが逃げることは許されない。えーい、どうとでもなれ。と思って引き受けた。監督との対談の前に映画を見た。試写会場だった。愕然とした。ここまでやるのか、と思った。元皇軍兵士たちが出てきて、淡々と話す。自らが行った犯罪の数々を語る。殺人、強姦、人肉食、拷問……と。それが2時間半も続く。見てるこっちが拷問されているようだ。「やめてくれ!」と叫びそうになった。

 頭が混乱した。パニックになった。これを見て何を語ればいいのだろう。頭の整理がつかないまま、松井監督と対談した。「刺激が強すぎましたかね」と監督は労ってくれた。残酷きわまりない証言だ。ただ、嘘や噂話は絶対に入れないようにした、と言う。〈真実〉を伝えるのが目的だ。決してプロパガンダの映画ではない。そのストイックな覚悟は持っていると言う。

 「ご自分でやったことだけを具体的に話してもらった」と言う。「自分が知ってる隣の中隊ではこうやって人を殺したとか、噂話の類いは一切いらないと。もう一つは、今あの時のことをどう思うとか、そういうものはいらないからと言いました」

 ウーン、それも凄い。なかなか、そこまで徹底できない。噂話や伝聞も、「本人が実際に聞いたことだろう」「きっと本当だろう」と、入れてしまう。自分の悪業を懺悔してるんだ。嘘はないだろう……と。チェックが甘くなる。監督はそのことを警戒した。「それに、カメラを向けると人は、“演技”するんです」とも言う。「こんなことを聞きたいのか」と察して、喋る。喋っているうちに話が逸脱する。大きくなる。「それは今のテレビの激論番組でもあるでしょう」と言う。確かにある。討論番組に出ていて、話が進まなかったり、ダラけてくると、「何とか盛り上げなくては!」と思ってしまう。だから突然、怒鳴り出したり、大声をあげる人も出る。「このままでは見てる人もつまらないだろう。盛り上げなくては」と思うのだ。誰に言われた訳でもなく、そう思う。演技ではないが、盛り上げる役を買って出てしまうのだ。

 戦争体験でもそうだ。酷い、残虐な話ばかりしていても、喋っている方は、「もっと言わなくちゃ」「これじゃ面白くないのかな」と「客の反応」を気にするのだ。カメラを向けると「演技する」と監督が言ったのも分かる。

 撮影は、松井さんの事務所や、外でやることが多かったという。「家では子や孫もいるのに強姦がどうのって話は嫌ですからね」と監督は言う。そうだろう。でも、14人は顔を出し、名前も出しているのだ。映画だから、これからもずっと残る。それだけの勇気がよくあったものだ。少数だが、自宅で撮影した人もいる。元兵士は淡々と語っている。殺人を。強姦を。放火を……。その時、カメラがちょっと横にズレた。後ろのフスマのかげから奥さんがチラリと顔を出して、心配そうにのぞいている。その瞬間をカメラはとらえたのだ。「あれは偶然ですけどね。『またお父さん余計なこと言わないかな』という感じなんでしょうね」と監督は言う。よく撮れたもんだ。最も衝撃的なシーンかもしれない。戦争の残酷さが伝わった。

 もうこの映画は見ることはないだろう。監督だって「二度見る必要はありません」と言ってたし。ところが、この映画が何とDVDになるという。14年も経った今になって。今年の11月7日発売だ。監督と僕の対談も入るという。「その発売に合わせて、又、松井監督と対談してほしい」と言われた。14年ぶりだ。会いたい。又、朝日新聞の誤報事件にからめて、戦争犯罪の報道についても話してみたい。又、この日は、『ゆきゆきて、神軍』の監督、原一男さんも出るという。楽しみだ。それで、DVDを送ってもらった。14年前だから忘れているし、「もう二度と見ることはない」と思っていたのに、見た。後悔した。刺激が強すぎた。「二度と見る必要はありません」と監督に言われていたのに、見たからだ。又もや頭が混乱した。パニックになった。松井監督、原監督とのトークは、11月5日、新宿のネイキッドロフトだ。頭の整理のつかないまま、又もや対談をする。一体、どうなるんだろう。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河村市長がトヨタ自動車の抗議に態度一変 企業城下町の恐ろしさ

    猪野 亨

    08月06日 08:43

  2. 2

    病床を増やさないどころか計画の実効性もないコロナ禍の一年半 残念すぎる政府の対応

    中村ゆきつぐ

    08月06日 08:42

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    「HPVワクチンへの信頼失墜させたマスコミに回復させる力はない」現役記者の指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月06日 09:43

  5. 5

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  6. 6

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    74年間一度も改正されていない日本国憲法 「決められない日本人」の象徴

    篠田 英朗

    08月05日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。