記事

リクルート上場に伴い、「出版大手とはなにか」を考えてみる

10/16に、いよいよリクルートが上場する。創業は1960年だから50年以上経ってからの上場だ。連結売上高1兆円超え企業にしてこれほど遅れたのはもちろん、リクルート事件とその後のダイエー入りなどの(あえて言えば)混乱に依るものだろう。

ところで出版大手と言えば、皆さんはどう考えるだろうか。常識的には集英社講談社小学館という「大手3社」を思い浮かべるのが一般的だろう。しかしお役人的産業分類としての出版業では、1位はリクルートだ。

「大手3社」の年間売上はそれぞれ1000~1300億円くらいなので、連結売上高1兆2900億円/経常利益1260億円(2015/3月期)というリクルートは、文字通りケタ違いの企業ということになる。ちなみに前期比8%増/3%増であって、その点でも出版不況に苦しむいわゆる「出版社」とは全く異なる。

ちなみに大手3社は2位クラスでもなくて、出版業2位はベネッセだ。誰が見てもリクルートやベネッセは出版社とはあまり思えないので、お役人の産業分類はともかく、出版界を語るときはもっぱらこの2社を除外しているのが一般的だろう。

あーあと、最近では関連会社を一気に本体に取り込んだ角川GHDが売上1500億円ほどで3社より上位にあるけどねー。これにもなんだか時の流れを感じる。ただ取り込んだとは言っても内部はバラバラみたいだから、統合効果を発揮するのは当面難しそうだけれども。豪腕経営による変革に期待かな。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。