記事

第187回国会、開会。

今年の臨時国会が今日から始まりました。

11月30日までの63日間。

うち、休日が21日あるので実質42日間の国会審議(談:片山虎之助参院議員)です。

・・・短い。 とても、短い。

あまりにも閉会期間が長かったのに、開いてみたらとても短い。

野党としてはおおいに不満ですが、しかし来年の統一地方選まで手堅い運営をしておきたい与党として、当然採る戦略でもあります。

今日の安倍総理の所信表明は、通常国会のものに比べずいぶんと「軽い」印象でした。

http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement2/20140929shoshin.html

(今日の総理所信表明演説)

例えば、今国会の目玉と言われる「地方創生」。

さざえカレーや地ビールの例を挙げるのもいいですが、「努力を後押しする」「大胆な政策を実行する」という、きわめて薄い表現。

これらの例は一つの例であって、同様のチャレンジを全国で発生させるためにどんな施策を打つのか(たとえば、財源を大胆に地域に委譲する、とか)が全く見えてこない。

「統治機構の改革」を政策の柱の一つにする我が党としては、地方創生をするなら、道州制なり、地域への大胆な権限・財源の委譲が必須だと考えます。

地域が自由と責任を持って挑戦するからこそ、独創的かつ魅力的な地域創生ができはずです。

地方交付税交付金の額を増やして地域に配ったところで、従来の「御上への依存」の構図を抜けられず、構造的な問題は何も解決しないでしょう。

一時的に交付金で対応するにしても、将来的にどうするのか、を示さなければ、ただの場当たり的な対応にしかなりません。

その他の分野も含め、総理の語り口は 良く言えば落ち着き感がある、悪く言えば非常に弱く見えたのは否めません。

先の通常国会では、内容の具体性と、それを読み上げる総理の「勢い」「情熱」が伝わってきましたが、それが今回はどうにも感じられませんでした。

原発再稼働、消費税増税、集団的自衛権など、政権にとってリスクのある課題を避けるためにわざわざ「地方創生」と「女性の活躍」を出してきたので、短い期間を何とか当たり障りなく乗り切ればよい。

うがった見方をすれば、こんな風にも見えてしまいます。

ところで最も驚いたのは、

「平均2%を超える賃上げは過去十五年間で最高です。中小企業・小規模事業者でも、一万社余りの調査において、六十五%で賃上げが実施されています。」

というくだり。

これは名目賃金で考えれば、という話。

消費税増税(5%→8%)とインフレ・円安によって物価が上がっている。

それを差し引いた「実質賃金」では、増えていない、あるいは減っている人のほうが多いのです。

よって、皆さんがモノを買う「消費」もかなり減っています。

※総務省 家計調査

・7月の「サラリーマン世帯の実収入」 ⇒ ▼6.2%(前年同月比)/10カ月連続マイナス

・「消費支出」 ⇒  実質▼5.9%(前年同月比)

・4~7月の平均消費動向 ⇒ 過去30年間で最低

維新の党になって最初に迎える国会。突っ込みどころはたくさんありそうです。

さて、わが党の平均年齢は46歳。若い議員が多い政党です。

経験や寝技のような立ち回りでは他党に劣るかもしれませんが、その分、スピードと勢い、そして怖いもの知らずの突破力があります。

改革とは、凝り固まった既得権益を突破して、新たな枠組みを作ること。

ちょっと勢い余ってカベに激突するくらいがちょうどいいんじゃないかと思ってます。

ぶつかったついでに、壊してくればよし。

結いの党のときは15人。 今は、52人。

あらゆる分野でそれを得意とする議員が揃います。

攻撃力は一気に増しました。

短い国会期間だからこそ、スピード・勢い・突破力の見せどころ。

維新の党、一丸となって戦います。

あわせて読みたい

「賃金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  6. 6

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  7. 7

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。