記事

「カツオにゃんこ」と「ジバニャン」

数日前から多く取り上げられるようになりましたが、確かに似ていますね。同じアニメキャラクターの兄弟だと言っても、誰も疑わないでしょう。

始めは「カツオにゃんこ」がパクったとネット上などで疑惑をかけられたそうですが、同キャラクターを作った高知県の株式会社濱惣によると、2011年6月には既に世に出ており、妖怪ウォッチ「ジバニャン」の2012年12月より早いとのこと。

同社関係者がTVでインタビューに答える姿を何度か見ましたが、「子どもたちに間違われて嬉しい」「せっかくですので、一緒に人気になりたい」と前向きな姿勢。

これが日本だなーとホッとしてしまいます。
もし、この状況が米国で生まれたら、今頃は出版社、キャラクターデザイン会社、そしてメーカーまで一網打尽に多額のIP(知的財産権)訴訟を受けてしまっている事でしょう。
(私は「グリーンティー(緑茶)カフェ」を作った際に、緑の円形ロゴを使っただけで、スタバから訴訟すると内容証明便を送られた経験があります。その時の様子について興味がある方はコチラ

しかし、反面、日本人の商標権などに対する緩さを表しているとも思ってしまいます。世界的なビジネスの常識では、IPの価値を非常に高く評価し、特許権等が多額の資産として計上されているのです。M&Aの際も、対象企業の知的資産(特許権や著作権の他ブランド、営業秘密等も)が直接の目的となることが多々あります。

日本企業がキャラクターの権利を安価で譲渡してしまい、本来得るべき利益の何百分の一しか手にしていないという話は沢山あります(有名なところではポケモンもそのひとつです)。

まあ、カツオにゃんことジバニャンのケースでは、争わずに仲良くやるほうが得策だと思います。法廷で争っていたら、両方の人気が暴落してしまうでしょうし、真似をしたというエビデンスが出なければ、逆にジバニャンがカツオにゃんこを「機会利益の損失」として逆訴訟するドロ沼劇が想像できます。
子供たちの夢のためにも避けてもらいたいですね。

しかし、先にキャラクターとしてデビューしていた先輩カツオにゃんこに敬意を表して、妖怪ウォッチに登場してもらうなんてのも面白いかもしれません(その際に将来的に喧嘩になる可能性を契約などでリスクマネジメントしてしまった方が良いでしょう。キャラクター商品の取り扱いなど、新たな紛争の火種も生まれますので)。
カツオにゃんこも体がカツオになってしまった妖怪猫(?)。親和性は十分あるのではないでしょうか!

あわせて読みたい

「商標」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  3. 3

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  6. 6

    コロナ患者受け入れ 条件で断念

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  8. 8

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  9. 9

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  10. 10

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。