記事

Google Keepを活用したFutureInsight流ブログ執筆術

長くブログ書いている人って珍しいみたいで、たまにどうやってブログ書いていますか?と聞かれることがあります。実は結構試行錯誤していて、あまりこれだという最終形の書き方があるわけではないのですが、自分なりの最近の書き方を紹介してみます。

本当は僕も、どこかイベントに行ったり、美味しいもの食べたりしたのをレポートしてみたいのですが、ほぼ毎日が自宅と会社の往復で過ぎており、土日もほぼ育児なので、まぁ、外食しませんし、ブログのネタになるようなところにはほぼ行きません。そんなわけで、皆様が見ているようなブログに、つまりニュースや本を読んで、日々気づいたことを自分なりに解釈してまとめるようなブログになっているのですが、この類のブログを長く続けている人って結構レアだと思うので、今のブログの書き方を紹介してみます。

まず、自分の実感としてブログ書くときに一番無駄なのは、ブログのネタを探してネットサーフィンすること。これはだいたい時間の無駄になりますし、できる記事もあまり良いものになりません。基本は日々の生活の中で気づいたこと・感じたことをまとめておき、土日とか時間がとれた時にそれをまとめる・編集する作業に集中するのが効率がよいです。ブログ書くって時間をきめて、書ける人ってたぶんすごくレアで、それで長く続けようと思うと、ネタ切れとか自分の書く能力の限界に突き当たります。ブログなのですから、できたらそんな深刻な自分の限界には迫りたくなく、気軽にいきたいものです。

というわけで、きちんとメモをとっておき、それを編集してまとめなおすとなると、何かにメモを取る必要があると思うのですが、今はGoogle Keepを使っています。

Google Keepの良さはUIが全てがフラットな一覧になっているので、今どんなネタがあるのかすぐに俯瞰できるところ。ここが多角的に確認できるツールってあんまりなくて、だいたいリストなんですよね。ポストイット風のUIはこのまとめなおすって作業にフィットします。ここに面白かったURLを貼り付けておいて、そのURLを起点にどんなネタを書くのかをふくらませていく感じ。

画面を見たもらったほうが早いと思うのですが、まずはトピックのタイトルを決めておき、そこに関連するURLとかアイディアを貯めておくようなイメージです。

画像を見る

あとは、これを土日に眺めて、適当にまとめなおしてブログにしています。こうやって流れを書いてみると、なんかGoogle Keepが芸人のネタ帳みたいな感じですね。たぶん今後も変わっていきますし、いろいろなやり方あるとおもいますが、今はこんなかんじです。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。