記事

Google Keepを活用したFutureInsight流ブログ執筆術

長くブログ書いている人って珍しいみたいで、たまにどうやってブログ書いていますか?と聞かれることがあります。実は結構試行錯誤していて、あまりこれだという最終形の書き方があるわけではないのですが、自分なりの最近の書き方を紹介してみます。

本当は僕も、どこかイベントに行ったり、美味しいもの食べたりしたのをレポートしてみたいのですが、ほぼ毎日が自宅と会社の往復で過ぎており、土日もほぼ育児なので、まぁ、外食しませんし、ブログのネタになるようなところにはほぼ行きません。そんなわけで、皆様が見ているようなブログに、つまりニュースや本を読んで、日々気づいたことを自分なりに解釈してまとめるようなブログになっているのですが、この類のブログを長く続けている人って結構レアだと思うので、今のブログの書き方を紹介してみます。

まず、自分の実感としてブログ書くときに一番無駄なのは、ブログのネタを探してネットサーフィンすること。これはだいたい時間の無駄になりますし、できる記事もあまり良いものになりません。基本は日々の生活の中で気づいたこと・感じたことをまとめておき、土日とか時間がとれた時にそれをまとめる・編集する作業に集中するのが効率がよいです。ブログ書くって時間をきめて、書ける人ってたぶんすごくレアで、それで長く続けようと思うと、ネタ切れとか自分の書く能力の限界に突き当たります。ブログなのですから、できたらそんな深刻な自分の限界には迫りたくなく、気軽にいきたいものです。

というわけで、きちんとメモをとっておき、それを編集してまとめなおすとなると、何かにメモを取る必要があると思うのですが、今はGoogle Keepを使っています。

Google Keepの良さはUIが全てがフラットな一覧になっているので、今どんなネタがあるのかすぐに俯瞰できるところ。ここが多角的に確認できるツールってあんまりなくて、だいたいリストなんですよね。ポストイット風のUIはこのまとめなおすって作業にフィットします。ここに面白かったURLを貼り付けておいて、そのURLを起点にどんなネタを書くのかをふくらませていく感じ。

画面を見たもらったほうが早いと思うのですが、まずはトピックのタイトルを決めておき、そこに関連するURLとかアイディアを貯めておくようなイメージです。

画像を見る

あとは、これを土日に眺めて、適当にまとめなおしてブログにしています。こうやって流れを書いてみると、なんかGoogle Keepが芸人のネタ帳みたいな感じですね。たぶん今後も変わっていきますし、いろいろなやり方あるとおもいますが、今はこんなかんじです。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  9. 9

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。