記事

温暖化対策、気候サミット

地球温暖化対策を話し合う、国連気候変動サミットが、23日から国連本部で開かれていました。潘基文国連事務総長は、われわれの対応が未来を決める、と全ての国が、対策に乗り出すよう求めました。温暖化ばかりではなく、寒冷化もしますので、正式には、気候変動なのですが、日本では温暖化ということが、一般的になっているようです。対策については、京都議定書に基づく第一約束期間の後、新しい枠組みが2020年に発効することになっています。これには、開発途上国も含めて、全ての国が参加することになっています。2015年末にパリで開かれる国際気候変動枠組み条約の第21回締約国会議(COP21)での採択を目指しています。それまでの、なるべく早い時期に、各国が目標案を掲げることで合意しています。今回のサミットには、120ヶ国の首脳級が参加しました。

京都議定書を途中で離脱したアメリカや、これまで参加していなかった中国が積極姿勢を鮮明にする中で、日本は出遅れが目立ったと、報道されています。

これは、憂慮すべきことです。日本の技術力をもって、各国の先頭に立っていけるはずなのに、原発事故の後のエネルギー政策を決められていないため、削減目標を明言することが、できなかったからです。原発の比率を下げると、これまでの他のエネルギーでは、気候変動には悪い影響があります。ですから、成長戦略の中で、新しいエネルギーをひとつの柱にして、財源も知恵も徹底的に集中する必要があると考えます。何としても、早く削減目標が掲げられるようにしないと世界の各国から遅れをとり続けることになります。

あわせて読みたい

「気候変動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  10. 10

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。