記事

1時間前まで見てたサイトがgoogleにブロックされた

夕方、ネットで調べ物をしていて、一段落したのでちょっと外出。一時間ほどで帰宅し、Macを立ち上げ、さっきまで見てたサイトのタブをクリックしたらこんな恐ろしい画面が、いきなり現れた。

リンク先を見る

 20年ほどインターネットを使ってきたが、10年ほど前に、ウィルス感染でクリーンアップせざるを得なかったことがあるので、ビビる。

警告されたsocialblade.comは確かに、さっきまでアクセスしていた。多分、2時間ほどサイト内をウロウロしていた。その際は、何の支障もなく、警告が出なかったのに、一体、どうしたことか?

画面で読めるかもしれないが、一応、再録する。

「攻撃サイトはあなたの個人情報を盗んだり、コンピュータを乗っ取って他のコンピュータへの攻撃に利用したり、あなたのシステムを破壊するためのアプリケーションをインストールしようとします」「一部の攻撃サイトでは意図的に有害なソフトウェアを配布していますが、多くの場合は運営者が知らずにまたは許可なく有害なソフトウェアの配布に不正利用されています」

右下には「この警告を無視する」とあるが、小心者としては、それも出来ず、「このサイトがブロックされる理由」という表示をクリックする。

すると<Safe Browsing    Advisory provided by Google>の題字の下に長々と説明文が出てきた。技術的なことに疎いので、要点を書き出すとこういうことらしい。

「過去90日にグーグルがサイト内の1064ページを点検したら、29ページに邪悪なソフトウェアがダンロードされ、インストールされていた。その最後は9月24日だった。このmalwareで、少なくとも1つのサイトが感染した」

米国時間で24日ということは、多分、日本時間の今日25日。私がアクセスし終えた直後に、”事件”が発覚したということか。

「この警告を無視する」という根性がなくて、試しに、グーグルに数時間前まで見ていた「socialblade」と入力して、そのトップに出た表示をクリックしてみたら、デカイ字でこういう表示が。

警告 — このウェブサイトにアクセスすると、コンピュータに損害が生じる可能性があります。

「ご自身の責任のもとで http://socialblade.com/ にアクセスできます」ともあるが、なんとも気味が悪い。

しかし、このsocialbladeのサイトは、とても興味深くてついつい長居した。世界中のYoutuberの推定収入のランキングを発表しているだけでなく、個々のYoutubeチャンネルのパフォーマンスを即座に表示してくれるからだ。

一つのテーマで調べたことがあって、たまたまおおまかにメモした内容は、後日、紹介することにしたいが、メモが足りない場合は、「自己責任」でアクセスして調べ直すかも。怖いけど。

(以下、26日朝、追記)先ほど、メールソフトを立ち上げて、受信ボタンを押したところ、17/66のところで、受信がストップ。受信速度もゼロに。ソフトを「強制終了」して、やり直したが状態は変わらず。しばらくして受信しだしたが、66通のメールを受信し終えるのに5分近くかかった。いつもは多分、数十秒のはずだが。なんだか、受信が止まっている間、malwareがメールソフト内を徘徊、悪さをしてるような気がして気味が悪かった。なにせ、昨日の今日だから。そうでないといいのだが。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。