記事

インドの将来のためには日本でなく、中国を選択すべき?

 『環球網』が掲載していた「港媒:习近平访印 中印全方位合作前景可期」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。

1 記事の紹介

 表題にあるように、これは香港の『中評社』が掲載していた記事を転載したものです。先に内容を一言で言ってしまうと典型的なヨイショ記事です。

 当然、それだけだったら、取り上げる気もなかったのですが、こうした記事でも彼らが何を考えているかわかるというものとなっています。結構長い記事なので、私が興味を引かれたところを適当に訳す形で紹介させていただきます。
 9月17日から19日まで、中国国家主席習近平がインドを初めて訪問しているが、中印関係の新局面を開くもので、世界の注目を集めている。

 中国の目覚ましい発展に伴い、インドは中国と協力することによって、政治的経済的に大きな利益をもたらす。

 そのため、モディは訪日した際に、表面上は日本に対して、大変親しみのある態度を示したが、実質的な協力関係にはいたっておらず、インドは日中のバランスでは、中国により重きを置いている。

 アジア地区、国際社会で、より実力、影響力のある中国こそがインドの求めるパートナーであり、これこそが国際社会の現実で、インドの発展に必要なものだ。
 この後は、習近平が大変実りある発言をしたという部分が続きますが、はっきりいって決まり文句の域をでるものではなく、全くおもしろくありません。

 領土問題は「敏感」な問題としつつも、モディは「チベットは中国の領土の一部分であり、インドはチベットがインドでいかなる反中の政治活動を行うことも認めない。」と述べたとしております。

 最後は本当にすばらしく、習近平は「中国とインドが同じことを話せば世界は傾聴する」、モディは両国の関係を「体は2つだが、心は1つ」と述べたと伝えています。

2 ゼロサムゲーム

 典型的な中国の発想ですが、インドは日本と仲良くすると中国と敵対すると思っているようです。よく中国が日本を批判するときに使う冷戦時代の発想そのままですが、とても受け入れる気にはなりません。

 米ソの冷戦時代はまさに陣取りゲームで、資本主義圏に入るか、共産圏に入るかという色分けを行ったわけですが、今の世の中、それほど単純ではありません。

 どう考えても両天秤にかけて、双方から利益を得るという方策が最も効率が良いのは、東南アジアが日本と中国を天秤にかけて、双方からできるだけ多くのものを得ようとしているのが典型です(どちらと敵対しても国が成り立たないという切実な事情もあります)。

 インドにしても全く同じで、中国は隣国である以上、これと敵対するのは得策でなく、仲良くしておいた方が良いのは間違いありません。

 しかし、隣国の常で関係はあまり良くないわけで、中国に対する牽制として、日本、アメリカという選択肢が出てくるわけですが、当然の話かと思います。

3 友好

 それに国家元首が来訪した際に、それなりに礼を尽くすのは当然で、誰も関係を悪化させるために訪問するわけではないので、こうした友好が強調されるわけですが、こうした中国の報道を見ていると少しやりすぎかと思います。

 他にも習近平国家主席の夫人がインド国民を虜にしているなどの報道もあり、いろいろ思うところがありました。

 ただ、これは日本のマスコミも良く行うもので、難しい政治の話題ばかりでは、読者に読んでもらえないために、こうした記事を配信することがありますが、私的には女性の役割を軽視しているようで、あまり好きにはなれません。

 それに、中国とインドの共同といった場合、どうもアジアの2大大国が互いに手を取り合って、何かを決めれば、他国はそれに従わざるを得ない的なニュアンスも見え隠れし、こうしたパワーポリティクス丸出しの態度も如何にも中国ですが、全く好感が持てません。

4 最後に

 典型的なヨイショ記事であるが故に、如何にも中国的な発想がそこかしこに現れており、これぞ中国と思う記事でした。

 ただ、普段からこうした記事しか見ていないと、どうしてもこういう発想に影響を受ける人も出てくるという話で、それはそれで、国民にとっても、まわりの国々にとっても不幸だとも考えます。

あわせて読みたい

「インド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。