記事

心の穴

人が抱える劣等感や罪悪感や妬み憎しみ怒りなどを、僕は「心の中にある臭いを放つドロっとした液体の入った壺」だと今まで言ってきたが、二村ヒトシさんは著書の中でそれをシンプルに「心の穴」と定義していた。求める気持ちや人を傷つけてしまうネガティブな感情と共に、その人の魅力もその心の穴から湧き出てくる。

大事なのはその湧き出てくるネガティブな感情を自らふさいだり、他人に蓋を求めたり、コントロールしようとするのでは無く、自分で受け入れて、許してあげること。自分を承認できる人だけが、他人をも承認してあげられる。そしてその代替不可なドロ壺こそがその人固有の魅力となり、その人の物語になっていく。

なーんて事を言いながら、僕は僕自身の劣等感を自分で受け入れて許してあげられてたのか、自分でも再度考えてみている。ただ開き直ってただけじゃないのか。開き直りと自己承認はまた違う。みんなダメでも良いんだよ、なんて言いながら、居心地の良い場所で僕は開き直っていただけなんじゃないか。

自分自身の中に「とにかく認められたい」という激しい承認欲求の壺があるのは自分でもよくわかってるつもりなんだけど、どうもその感情と折り合いがつけられていない。もっと認められたいもっと愛されたいという気持ちが大事な人たちを傷つけている。みんなの相談に乗ったりしてるのはその裏返しなのかもしれない。

もっと愛されたい、もっと認められたい、と外に求めることは、内なる自分に執着することでもある。逆を返せば、内なる自分自身を承認し許すことが出来れば、外に求めることも、大事な人たちを傷つけることも無くなるだろう。自分を許さないまま、ただ僕は開き直っているだけな気がする。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  5. 5

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  8. 8

    バンクシー投稿は小池知事の焦り

    やながせ裕文 東京都議会議員

  9. 9

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  10. 10

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。