記事

リクルートという幻想












盟友常見陽平の『リクルートという幻想』をハラハラしながら読んだ。

過激なトークやプロレスプレーで有名な彼だが、根はめちゃめちゃに優しい。お人好しすぎるほどのお人好しだし、まじめすぎるほどにまじめな男だ。 その優しさが邪魔をして、序盤戦、古巣を相手に攻めあぐね、なかなか技を繰り出せないでいるような感じがした。

そこにハラハラしたのだ。

しかし後半になると、有効打を繰り出しはじめる。

そして彼が「幻想」と呼ぶものの正体がだんだんと明らかになってくる。

元リクとしては「あるある」本として楽しめる。 やたらと「元リク」をアピールする面倒な人と仕事をしている人にとっては、痛快でもあると思う。

ただ、常見がいう「幻想」とはそういうことではないことが、後半になるとわかる。

世の中を変えてきた企業、既成概念にとらわれない企業というイメージは、すでに過去のものではないかという指摘だ。 日本経済が成長期から成熟期へと移行したときに、リクルートの存在意義は変わったのかもしれない。 まさにその移行期に、僕たちはリクルートに入社した。

そこで覚えた違和感を、常見はずっと抱え、今やっと言語化したのだと思う。

「もっと大胆に書いちゃえばいいのに!」とちょっと物足りなく思うところもあった。逆に「それは常見の個人的な思いでは?」と感じるところもあった。しかし、彼がこれを魂を込めて書いたという思いは十二分に伝わってきた。

そのパッションを与えてくれたのも、また、リクルートであったということであろう。

ちなみに、僕は子どもが生まれたことをきっかけに、リクルートをやめることを決意した。
もしリクルートに勤めていなかったら、そんな大胆な決断はしなかったかもしれないとときどき思うことがある。

あわせて読みたい

「リクルート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    「おじさん」は女性にも存在する

    PRESIDENT Online

  7. 7

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  8. 8

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  9. 9

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。