記事

The Optimist:”Good News”を届けるWashington Postのニュースレター

Washington Postが、”Good News”を届けるニュースレター「The Optimist」を始めました。

毎週日曜日、電子版の購読者にWashington Postのスタッフが選んだポジティブなニュースをメールで届けます。ジャンルは政治やビジネス、スポーツにエンターテイメントまでさまざま。メールで届けたニュースを載せるウェブサイトもあるそうですが、こちらも購読者しかアクセスできないとのこと。

新しいことを思いつき、新たな1週間にやる気が出るように、人々をインスパイアするような情報を届けたいと思います。

と、The Optimistのエディターを務めるDavid Beard(デイヴィッド・ビアード)さん。先週の日曜日に最初のニュースレターが配信されましたが、読者の反応はよかったそうです。

その人気ぶりにワクワクしました。開封率も高く、読者は記事をよく読んでくれたのです。ファーガソンやガザ、ウクライナといった暗いニュースが夏の間多かったので、The Optimistの届けるニュースが役に立ったのかもしれません。

ちなみにデイヴィッドさんは、Good Newsの例として、字体を変えることで交通事故を減らすアイデアいい子を育てるためのコツよく笑うことで賢く見えることを科学的に説明した記事などを挙げています。

画像を見る@dabeardより

The Optimistはキュレーションサービスですが、ポジティブなニュースを届けるという意味で、この取り組みも”ソリューションジャーナリズム”と呼べるかもしれません。

ソリューション・ジャーナリズムという可能性

またWashington Postに限らず、Huffington PostTODAYでもGood Newsを伝えています。Good Newsを求める読者が今、増えているのかもしれません。

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。