記事

スコットランドの次はカタローニャ

スコットランドの独立を問う住民投票は55%のノーで否定されたが、その仮定でイングランド政府からはより大きな自治権を譲渡する約束がなされ、それによってスコットランドは「実」をとった形になっている。

UPDATE 5-スコットランドが独立否決、「権限移譲進める」と首相

「スコットランドが税や支出、福祉に関する自らの問題をスコットランドの議会で独自に採決するようになるのと同様、ウェールズ、北アイルランドだけでなく、イングランドもこれらの問題について採決できるようになるべきだ」(キャメロン首相)

ところで、スコットランドの独立に期待していた外国の独立派の反応が興味深い。

ひとつはこれ。
スコットランド独立否決は「不正」=ウクライナ東部の親ロ派
投票に不正があったと何の根拠もなく言っているが、このレベルの連中の頭のなかは、気に入らない結果はすべて不正があったということなのだろうし、現にその連中の行う選挙では常に不正があるから、その言い分は正しいということなのだろう。

もう一つは、カタローニャだ。
カタルーニャ州独立投票問題、国と州政府が対決か

より裕福な地域が独立しようとするということで、スペインにとっては深刻な話だ。そして、スベイン国法に則れば住民投票は認められないがカタローニャ法によれば認められるとか、住民投票が認められなくても地方議会を解散し、独立派政党の得票により事実上の住民投票結果を出そうとしているとか、興味深い。

スコットランドの独立が成れば大いに独立派の追い風となると言われていたところだが、住民投票が成功裏に実施されたという事実自体が、独立を求める側の住民投票による実現を後押しすることになっている。

独立のための住民投票は東チモールでも行われ、そこでは独立に結びついていたのだが、さすがにスコットランドの影響力は大きいということであろう。

あわせて読みたい

「スコットランド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  5. 5

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  6. 6

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  10. 10

    処理水見送りにみる菅首相の気質

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。