記事

韓国の水産物全面禁輸措置の再検討

昨年このブログでも取り上げた 、韓国による青森、岩手、宮城、福島、群馬、栃木、茨城、千葉の水産物の全面的禁輸。先日、韓国政府はこの措置の科学的妥当性を検討すると発表しました。

もともと韓国は、今回の輸入禁止措置を世界貿易機関(WTO)の協定に基づく暫定措置として位置づけていました。この協定では、科学的根拠が不十分な臨時措置を取った場合には、合理的な期間内に科学的妥当性を検討するよう定めているため、今回の再検討に踏み切ったとのことです。

日本政府は、これまで3000ページにも上る資料を提供し、また7月にスイスで開かれたWTOの会議で韓国の輸入禁止措置に懸念を示すなど、継続して禁輸解除を求めてきました。

WTOの協定に従ったものとはいえ、今回の韓国政府の決定はこのような努力が認められたものといえるでしょう。

しかし、やっとスタートラインに立ったという段階です。

禁輸措置の合理性は、韓国の消費者団体専門家などによる専門家委員会で日本が提供した資料や、必要に応じて日本での現地調査を行い、科学的安全性と国民の安心を最優先に検討するとのことです。いくら科学的に安全であっても、韓国の消費者に納得してもらえなければ、禁輸措置は継続されかねません。

日本政府は、韓国の消費者へ向けて、水産物の安全性を積極的にアピールする必要があります。

いまでも同じ協定に基づいて輸入制限措置を続けている国はいくつもあります。例えば、中国、ロシア、台湾、シンガポール、ブルネイ、マカオなどです(特定の都道府県で水揚げされた水産物の禁輸措置)。また、放射性物質検査証明書等を求める国もあります。

中でも中国は、食用魚介類の1人あたりの供給量は主要国では日本に次ぐ量です。ビジネスチャンスの拡大のためにも、中国の禁輸措置解除は重要です。

韓国の消費者に納得してもらい禁輸措置解除に成功すれば、中国やその他の国での輸入制限措置の解除に向けて弾みがつくと思われます。

実は、検査済証明書の発行に関しては、日本側にも問題もあることが調べていて判明しました。それはまた後日、ブログにも書きますが、同時に政府にも提案していきます。

とにかく、現段階においては、日本政府の積極的な対応が不可欠なのです。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。