記事

googleを訴えるには日本法人ではダメ

逮捕歴表示差し止め請求を棄却 グーグル検索

実体問題としては、忘れられる権利にも関係する興味深い訴訟なのだが、グーグル日本法人を被告にしたことが問題となった。

京都市の40代の男性が、検索サイト「グーグル」に自分の名前を入力すると、過去の逮捕記事が示され名誉を傷つけられているとして、米グーグルの日本法人(東京)に、検索結果の表示差し止めと慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は17日、請求を棄却した。

 男性はヤフー(東京)にも同様の訴訟を起こしたが、京都地裁は8月に請求を棄却。男性は大阪高裁に控訴した。

 判決理由で堀内照美裁判長は「サイトの管理運営の主体はグーグルの米国法人」と指摘。「日本法人に検索結果の監督義務や表示阻止義務を生じさせる法律上の根拠を認めることはできない」と判断した。

この場合、グーグルの米国法人を訴えるべきだとしても、その裁判管轄は日本に認められるであろうから、送達等に苦労することはあっても一応は日本で裁判ができる。
法適用に関しても、日本が損害発生地となろうから、日本法の下での裁判が期待できる。

ということで、グーグル本社を被告として更にチャレンジしていただきたい。

なお、学生に対してある債権の債務者をAと主張し、Aを被告にして訴え、その債権は存在しないとして請求棄却された場合に、同一の債権の債務者をBと主張して、再度、Bを被告にして訴えたら既判力にかかるかという問題を出すと、多くの学生が既判力にかかる、あるいは信義則上認められないという答案を書く。
しかし、Aには債権が成立しないがBには債権が成立するということは実体法上当然にあるのだから、当事者が違うのに無理に既判力が及ぶとしなくても良いし、信義則を持ち出す必要もない。

その典型例が上記のグーグル日本法人とグーグル本社の関係にあると思われる。

この判決は、民事訴訟の教材例にも使えそうなので、是非とも判決文がほしいところだ。

あわせて読みたい

「忘れられる権利」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  5. 5

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  6. 6

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  9. 9

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  10. 10

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。